いい歳した大人のジャニヲタ生活

アラサー超えがひたすらJUMP他ジャニーズを愛でるブログ 岡本圭人さん担

コンサートで初めてメモ取りに挑んだお話

Hey!Say!JUMPのコンサートツアー『I/Oth Anniversary Tour 2017』が15日をもちまして終了致しましたツアー完走本当にお疲れ様でした!!!

私も運良くオーラス一つ前の公演に入れることとなりまして、ツアーが始まってから約2ヶ月首をイギリスあたりまで長くして待っていた訳なのですが、いやぁ便利が過ぎる世の中。今はネット(Twitter)で公演毎の詳細なレポが終演後!即座に!!流れるのですね!!!これまで趣味に一切Twitterを使ったことがなく、JUMP垢のTwitter歴僅か3ヶ月のド素人はこのレポ祭りにいのちゃんのバック転ぐらいひっくり返りましたよ。しかもどのレポもとんでもない細かさ、よくそんなところ見てるなというところまで教えて下さっていやこれもしかしたらコンサートに入るより詳細にいろんなこと知れるんじゃないかと思ったりもしまして。実際昨年初めてJUMPのコンサートに入った身としましては、9人居るもんだから至るところに見所があり過ぎてどこ見て良いか判らん上にそもそも自担がどこに居るのかすら見つけられない超ミラクルウルトラハイパーどんくさオバさんになってしまい、結果地蔵に変身というとんだ失態をかましたものです。なので皆様方のレポには只々感服し、もう私全ステしましたよみたいな満足感に我が物顔で浸っていたのですが……。

…………………………

不意に思った。いくら私が超ミラクルウルトラハイパーどんくさオバさんだとしても、それでも皆様記憶力良過ぎかよではないか?????

皆様脳みそに記憶を留められるICチップかなんか埋め込まれているのか?????

そもそももうコンサート入る時ICチップは脳みそに埋め込むという規約なのに、永遠の新規の私にはその案内が来ていなかったのか????

それとも年齢制限でオバさんには埋め込まないのか?????それとも……

 

 

 

あっすみませんまた妄想という奇行に走っていました(提供:ゆーてぃ)

とまぁ皆様の記憶力を不思議に思っていた次第だったのだが、あるブログの記事を読んで成る程と合点がいくこととなる。ここに引用させて頂きたい。

jetstarmine.hatenablog.com

 

 

ICチップじゃなかった(しつこい)

こちらの記事には公演中のメモ取りのノウハウが記されており、ド素人オバさんはほうほう、こうやって皆様はレポを迅速丁寧に流すことができるのかと感銘した…と同時に、沸沸と別の感情が沸き上がってきた。

ワシも(コンサートの内容を)インプット(してレポに)アウトプットしたいんじゃ……(cv.千鳥ノブ)

この感情が沸き上がったのには理由がある(いきなり私の中の隠されたノブが表出しだしたのには特に理由は無い)先程述べたようにこのツアーの間、JUMP担の方々の臨場感たっぷりのレポを読み漁り、あたかも現場に行ったかのような満足感を得ることが出来た。北海道10/15 1部に入れない方々のうちの一人にでも需要があるならば、今度は私が、自らが受けた喜びの恩返しとして拙いながらもレポを流したい。しかし脳みその退化が一分一秒の間に進行している当方、記憶を留めておくことはICチップを埋め込まなければ到底無理。そこで導かれた答えはこのメモ取り作戦である。しかしメモ取り処女で尚且つ速筆でも無ければサッサと絵が描ける訳でも無く反射神経が良い訳でも無い寧ろ悪いと見るからに悪条件が重なりまくり全くメモ取りに向いていないステータスの当方。恐らく公演中の全ての時間をメモ取りに費やすとJUMPが全く堪能出来ずに終了し山田氏から「バッカじゃねーの!」等最上級の罵りを頂戴する(それはそれで良きだが)可能性があるため、メモ取りをするポイントを絞らねばならない。また上で紹介した記事には、公演中にメモを取ることについては否定的な意見もある(それはそうだ。JUMPを観に来ているのであって書きに来ているのではない)が故、TPOに応じて!というアドバイスも記されていたため、MCと圭人りん(とりん)に関するの要所のみをメモにするというマイルールを設けて臨むことに決めた。

さて、人生初挑戦となった(この歳で人生初挑戦というのも中々無い。常に新しいことに挑ませてくれるJUMPよ、もう貴方達は私の生涯学習のパートナーです死ぬまで宜しくお願い致します)メモ取り。僅かながらのコンレポと併せて経過を振り返ってみたい。

 

【12時〜開演】

一応何が起こるか分からないので開演前からペンとメモ帳を握り締めていた私。砂時計の砂が落ちUMPのイントロが流れ会場内が地響きのような悲鳴と拍手で埋め尽くされる中、両手が塞がっているために早々に地蔵と化してしまった。そして早速衝撃的な事件が起こる。f:id:echichi56:20171017111450j:image晒すのも憚れる程の雑さから伝わる「手元を見ないでメモを取ることの難しさ」もさる事ながら、よくよく読んでみると「ひかがやぶにチュー」「やまのピアスゆーとさわるちょんちょん」………圭!人!く!ん!以!外!の!事!書!か!な!い!っ!て!決!め!た!よ!ね?????(出展:終演後メモを見た時の自分)目の前にJUMPが登場した事により一瞬で冷静さのHPが0になった私は、頑なに決めていたマイルールを僅から開始5分で破ることとなってしまった。2017年意志薄弱選手権にエントリーすれば断トツの優勝である。下の方に「ひだりめのしたタトゥー」とお情け程度の圭人りん情報が書いてあるのがまた泣ける。

さぁメモ取り珍道中は最初から波乱の幕開けとなってしまった。DCTは確か花道を通ってバクステまで来たのを肉眼で確認したかった為かメモは無い。シャドーボーイはセンステ。光くんが近かったので光くんばかり見ていたらしくこのメモが残されていた。f:id:echichi56:20171017120808j:image絵心が無いのは百も承知の筈だったのにも関わらず訳のわからない絵を描いているところに現場のテンションの恐怖を感じる(尚且つまたルールを易々と破るあたりのポリシーの無さ)センステで続くウィーケンは結構がっつり踊っていたのでダンスをしっかり見れば良かったものの下手にメモ帳を握り締めていたばっかりに何かメモしなければという焦りで山田氏の「スゥイートアンサー」を見逃すという暴挙をやらかした。本末転倒である。「スゥイートアンサー」と引き換えに得たメモはこちら。

 f:id:echichi56:20171017133532j:image「RAP大ちゃんをえがおでみるけーと」……メモしなくてもこれくらい覚えとけよ自分よ………(情けなさで自害しかけた)さらにセンステでビバナイ。確かここでハッと我に帰りもっとしっかり圭人りんの挙動をストーキングしなければと思い直したものの、自分の側からは圭人りんの後ろ姿しか見えなかったためここは一旦諦めてメモ帳を座席に置いてメンバーの名前を声帯が千切れるまでコールした。その後のラブモは7が居なくなりいよいよSweet Liarか……(ごくり)と動悸が襲ってきたので記憶が消えている。が、期待感からか座席に置いたメモ帳をおもむろにまた準備したらしい。Sweet Liarのメモはしっかりと残されていた。f:id:echichi56:20171017134514j:imageメンステだったので前半は確か双眼鏡を覗きつつメモを取りつつで「シチュエーション」と書きたかったのに正しく書けていないなど自分のキャパを明らかに超えてパニック状態になっていることが読み取れる。下のメモは字の丁寧さが他に比べてマシなことから、曲が終わってから書き足したものと思われる。上のメモを書き終えた時点でメモと双眼鏡の両立は無理(しかも曲が曲だけにフラつきも追加される)だと判断し、双眼鏡のみに切り替えたのだろう。曲終わりに書いたことによっていつもよりは冷静にメモ出来そうなところ、締めに記された言葉が「えっち」だった事実には未だに愕然としている。続くBESTのスタートデイズも出だしの自己紹介が面白かったのでゲラゲラ笑いながらメモしたが笑って震えていたのか全く読めないので割愛する。そしてメンステのとりんセッションのメモはこちら。f:id:echichi56:20171017141013j:imagef:id:echichi56:20171017141023j:imageこの辺りからマイルールを思い出したのか圭人くんへの感情の荒ぶりをメモにぶつけている感が凄い。ある程度ギタリスト圭人の様相をメモにしたためた後は双眼鏡でギタリスト圭人を舐め回すように鑑賞し、そのままスタタイへ。スタタイはじっくり聴きたかったので何も持たずに聴き入っていたのだが、スタタイの後半、私の真横にあった紙吹雪の大砲から尋常じゃ無いほどの紙吹雪が発射され、ホワイトアウトさながらに何も見えなくなった上その状況が異次元でスタタイ感動の余韻が全てぶっ飛んだ。どのみちJUMPは紙吹雪のゴールド(シルバー)アウトで姿が見えなかったので今の内にこの気持ちを残しておこうと思いサッと書いたメモがこちらである。f:id:echichi56:20171017141301j:image失った感動をねじ込みたくて最後に無理やり「山田大ちゃん泣いてた?」と入れているところが切ない(おそらく泣いていない)そんな最中From.が始まる。スタタイ紙吹雪の衝撃が未だ冷めやらぬ状況だったため気がそぞろになっており、自分の座席とは反対側の外周を歩くJUMPをボーッと鑑賞。バクステのキミアトは後ろからのアングルが珍しかったし前からの絡みはよく見えなかったので引き続きメモ取らず肉眼で鑑賞。今回の一人一人の台詞は「うー!圭ちゃんです♡(横ピースで目を囲む)」(ここの圭人さん一人だけ低音ボイスでカッコ良かった失神した)だったのだが、最後のちねたんの「キミはいったい何ちゃん?」が面白かったのでメモをすかさず取り出した。f:id:echichi56:20171017142343j:imageその後スクガでこちら側の外周に来たのでメモをうちわに持ち替えビバナイで千切れた声帯をさらに引き千切って圭人さんの名前を呼んだらこっちを見て手を振ってくれたような気がしたので、この人生過去最大級の幸福を物で残しておきたくてメモ(下のところ)。その時は白目向いていたので記憶が消失していたが後からメモを見るとあーあれはスクガの時だったのか……と判明したのでこのメモ取りは良い判断だったと云えよう。その後メンステで我Iをやったようだが白目継続中で記憶無し。ここでMCに突入。MCは座って書けるし難易度としては今までに比べれば星一つだろう……くらいにペロッペロに舐めてかかっていたら痛い目に遭った。兎に角展開が早すぎるし誰が喋っているのかが全くもって判らない(これは私の聴力が著しく低いことにも起因している。どこかの記事でも書いたが私は9人の声が未だに聴き分けられないのだ(致命的)ハッキリ分かると断定できるのはいのちゃんの声だけである)なのでほぼニュアンスで何とかメモ出来るところだけしたが、困ったことに内容がまたボリューミーで面白いが過ぎたのもあってケタケタ笑いながら要所だけをメモするのは初心者には荷が重すぎた。MCだけに何ページも消費し、こんなにコンサート中に紙を無駄遣いしてエコと真逆を行くオバさんは日本全国いや世界でも私たった1人かもしれない……などとトンチキなことすら考え始めた。聞き逃したところは隣にいた同担拒否極強火山田担の妹に聞いたが、山田様しか見ていないようで全く役に立たなかった。MCの見方も100人居れば100通りなのである。

(MCのメモ一部。これの5倍くらいあるが内容は無いしまず読めない。展開についていけず追うのを諦め途中で✖️をつけている箇所もいくつか)f:id:echichi56:20171017152213j:image

MCでどっと疲れたのとここからは演出とダンスパート、お手振りメドレー等が続いたのでしばしメモは休んで双眼鏡とうちわを交互に持ち、記録しておきたいここぞ!という箇所のみメモ帳を持つという作戦に変更した。後から見てみるとこの後半部のメモは2枚のみだった。前半とのメモにかける情熱の落差が我ながら芸術的だと思う。相当MCで心折れたのだろう。その珠玉の2枚がこちら。

f:id:echichi56:20171017143333j:imagef:id:echichi56:20171017143345j:imageI/Oの衣装が好き過ぎたというのも相まって、落ちサビでジャケットプレイをかましてきた圭人さんにKO(メモの上部にもKOと書いてあるがこれは圭人さんの衣装のジャケットのバックプリントがKOだったので書いただけだと思われるが結果ダブルミーニングになった)された一枚。そしてもう一枚はヴァンパイアの前に流れた映像の、吸血鬼に扮した9人の写真くれと書いてある。本当にこのヴァンパイアの映像には脳みそ沸騰した。絶対に円盤化してくれないと発狂して精神科に入院することになる(断定の助動詞)注目すべきはその下の絵である。絵が下手くそ芸人が苦手な絵を描いてでも残しておきたかったもの。それは!髙木さんの髪型であった。黒髪前髪上げでこの世のお方とは思えない程のイケだったのである。私の初めてのメモ取りはこのイケ髙とともに幕を閉じたのであった。

 

 

 

【総括(改善すべき点)】

・MCと圭人りん(とりん)に関するの要所のみをメモするというマイルールを早々に逸脱してしまったが、全てのポイントをメモするのはやはり不可能なので、うちわ、双眼鏡とのバランスを考えた方が良い。具体的には、メモは余程のことがない限りは自担に関する事柄のみにすること。遠いステージにいるときは双眼鏡やモニターで鑑賞。近くで挙動が見えるときにはメモOK(但しC&Rや盛り上がるところなどはきちんと参加するメリハリを忘れずに)ファンサ曲で近くに来たらうちわ。というようにしっかり使い分けないとキャパオーバーで大パニックに陥る。そうしないと今回のように前半で息切れする。座席は今回はアリーナだったが、スタンドだとまた少し違う点があるかもしれない。

・MCは言葉全部をメモろうとしない。欲張らない。誰が喋ったか判るところだけ、本当に面白いところのみ、要点となる言葉だけをメモする(だがこれが難しい。こればかりは経験を積むしかない)

・いろいろと改善点はあるが、メモ取りは(というかメモを後から見返すのが)面白い。メモを取っているときは無意識に近いので何をメモしたか覚えていなかったが、後から見返すとコンサートの記憶と自分の感情がリアルに蘇ってくる。元はといえばレポを流したいという理由で取り組んだメモ取りであったが、結果的には自分自身にとっても大いにメリットがあった。メモ取りには賛否両論ある旨は前述した通りだが、これからもTPOを守りつつコツコツと続け、自分のメモ取りのスタイルを確立していきたい。私の生涯学習のテーマが、ここに爆誕しましたありがとうございました。

 

 

(リアルおばあちゃんになってもメモ取り、ボケ防止にいいと思うんです……ほら、JUMPも腰が折れるまでアイドルでいてくれるらしいし……50年先でも僕らは一緒だ!(そういう意味ではない))

 

 

 

JUMP10000字インタビューのお話②伊野尾さん、髙木さん、裕翔さん篇

時間が経つのは早くI/Oツアーも残すところあと一箇所、我が地元北海道のみとなりました。和歌山ではとりんのボタン外しプレイ、やまけとのお揃いプレイ、チュー未遂等やまけとりん厨が次々と失神する事案が数多く巻き起されたようでこちらもレポを読んだだけで無事脳のシナプスが活動停止を引き起こしましたおめでとうございますありがとうございます。それに加え圭人さんがオカ調よろしく、山田さん主演「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の近隣映画館上映時間を事細かに調査したり、和歌山県が一位の都道府県ランキングを仕込んできたりしたようで……ウチの子、参観日で手を挙げてしかもちゃんと当てられて喋ってる…(噛んでるけど…可愛い…モンペ……)と一部の圭人担にナミヤ並みの感動の涙を催したのであります。何より自分が出来ることからやっていこうという覚悟と気合が垣間見えたことが本当に嬉しい。いや、そんなことは今までも有ったと思うのだけれど、ここ半年程の圭人りんには今までとは何か違う気概があるように感じるのだ。成長著しい自担を見届けることができるのはそれこそ奇蹟のようなものである(先程より地味に映画の宣伝をしています)

そんな成長著しい圭人さんの現状をメンバーが語ってくれるのがこの10000字インタビュー。今回は伊野尾さん、髙木さん、中島さんの3名から圭人さんへのお言葉を有り難く頂戴したので圭人担の義務として早速纏めていこうと思う。

 有岡さん、薮さん、知念さん篇はこちら↓

echichi56.hatenablog.com

 

 

【伊野尾氏インタビュー】

 「圭人は、グループのために何かしたいって、いちばん思ってるんじゃないかな(中略)いろんな方向にアンテナを張ってるしね。ギターも、作曲もしてる。本もよく読むし、舞台もよく見に行く。今は大学にも通ってる。いろんなことに真摯に打ち込んでる姿を見てるからさ、そういった部分って、どんなタイミングでどうやって世間に出てくるかわからない。その日が来るのが、今からすごく楽しみ。」

 

いのちゃん(号泣)1人目ですでに涙腺が決壊、大雨洪水警報発令しております(前回スキャンダルについて語ってくれとかふざけた事抜かしてすみませんでしたいのちゃんへの態度を改めます)いのちゃんは、他のインタビュー部分もそうなのだが客観的に淡々と自分やグループの事について語ってる印象。物事を冷静に見つめている。そんなお方に「その日が来るのが、今からすごく楽しみ」なんて情緒たっぷりに言わせる圭人さんの誇らしさよ…。そして今のところいのちゃんだけが、圭人くんが大学で勉学に励んでいる事にも触れてくれている。いのちゃんも、何か自分の武器になるものを……と考えて忙しい中大学に通い、知識、経験……様々なものを得て今自分の仕事に活かしている。それに、不遇の時代を乗り越えて今なお続く伊野尾革命を巻き起こした経歴を持つお方。そんないのちゃんだからこそ、圭人さんの今の状況をより敏感に察知することが出来るのかもしれない。話はズレるがイノ調にオカ調が登場した経緯も、いのちゃんが以前から圭人くんをめざましスタッフに推してくれていたような話を聞いた。真偽のほどは確認していないが、MCやTVのVTR出演時、らじらーにゲストで圭人くんが出演した回などこれでもかという程話を丁寧に振ってくれる伊野尾氏なら考えられる話。推測だが見えるところでも見えないところでもこれほどまでにさり気なくサポートしてくれるのには、やはり伊野尾さんは圭人さんに昔の自分を重ね合わせているのではと感じる。伊野尾さんに圭人くんは未だに緊張しているみたいだけど(コンレポより)(圭人さんってイギリスにいたせいもあるのか割と(意外と)感情表現がストレートなので伊野尾さんみたいな自分を積極的には表出しない自分とは相反する人にはきっと好き故にドキドキしちゃうのかな……でもいのけとの文学クラブ的な落ち着いた雰囲気は似てると思うんだよオバさん……違いの中の共通点が味わい深いいのけと)伊野尾さんの愛情は間違いなく圭人くんに伝わっていることと思う。

 

 

 

【髙木氏インタビュー】

「俺が今、フィーチャーしたいのは圭人!だって、チョーおもしろいじゃん」

 

えっ髙木さんもいのさんと同じく圭人担を泣かせる技術持ち合わせすぎじゃないですか????大雨特別警報…10年に一度の甚大な被害に見舞われてるんですけど……(顔面が)今までのいたジャンの中で圭人さん1人ロケ回が一番面白かったって言ってくれている。周りの評判もよかったとも。あの回は、髙木さんの『一緒に考えよう』(流行語大賞ノミネート(予定)作品)がより面白味を増してくれた。雄也さんには感謝しかない。圭人くんに代わってギフトカタログを贈りたい。

 

「(中略)あとなんか、俺、圭人の苦しみってわかるんだよ」

「今、イジられてるのイヤだろうなとかってわかる。最近、圭人とふたりでロケ行ったとき話したら、やっぱあいつ悩んでる部分あってさ。メンバーが"英語で言って"って振るだけ話を振っておいて、言ったら誰も笑ってないとかグチってた(笑)」

 「それってジャンプの改善する場所でもあり、圭人が改善するべき場所でもあると思うんだよね。やっぱり思ってんだったら言わなきゃ。"こうしてほしい"って。」

 

ああ、何て愛情深い人なのだろう。先程の伊野尾さんとは真逆、圭人さんが緊張しないメンバーの1人である雄也さんに、あの抱腹絶倒ウォースラ回ロケで人生相談していたとはね……それに対する雄也さんの回答がまあ男前で愛に溢れてる。巷では小1女子とされることが多いし実際そういう面もあって魅力の塊でしかない雄也さんなのですが、一番の魅力は実は凄く周りをよく見ているしよく考えているし鋭く核心を言えちゃうところですね……今回の10000字でそれにはっきりと気付いた私は遅過ぎた。髙木担さんはきっとずっとずっと前からそんな雄也さんに気付いていたのだろう。また、この圭人さんの英語芸については一視聴者としてもまだまだ検討の余地があると感じていたので(あともう一つ検討の余地があるのは光くんのおバカ弄り芸ですね異論は受け付けます)JUMP内でそれが把握されているので有ればそれは大変良き流れである。個人的には『Sorry潤』的な鉄板の流れがあと一つ二つ出来ると嬉しいが具体的にどうすればと言えないのが提案するだけして他の人に任せる仕事の出来ない人そのもので申し訳ない。兎に角私たちには圭人さんも周りの8人も視聴者も幸せになるそんな英語芸が確立されるのを長い目で見守っていくことしかできないので、雄也さんが温かく仰ってくれたように圭人さんもどんどんメンバーに発信していって欲しいと願っている。こんなにも愛されてるのだから、必ずみんな受け止めてくれるよ……!

 

 

【裕翔氏インタビュー】

裕翔氏、沢山圭人さんについて語って下さって全文まるっと引用したいくらいなのですがとんでもなく長くなるので少し最初の部分を要約しますと圭人と僕の髪の色ちょっと違うなぁと思ってるんだけど圭人に似てきたと言われ、以前はそういうところが苦手だったのだけれど圭人も何も経験がないままグループに入ってメンバーとの些細な共通点を見つけることで安心できてたのかなと考えると少しくらい色が違っても「うん!」って答えるようにしてる……全然要約になりませんでしたでもこんな感じで、何だかこのエピソードこそが『THEとりん』な感じがするんですよね私だけですかね私だけですよね……。何処がって言われると上手く説明出来ない自分の知能の低さを一生恨むが、こう、全くタイプの違う2人が互いに擦り寄せ合ってやがて同じ空気感を纏うようになった、みたいな……。いや、もうとりんは文字で表すべき対象ではないな、全てを超越しているとりん(結局表現することから逃げた)そしてこのエピソードの中でこれまでの圭人くんについて少しばかり語られている訳なのですが、そこに私の心のど真ん中を刺した一言があったのでご紹介したい。

 

「必死でメンバーの背中を追いかけて、それでもいろんなこと言われただろうし、パンクしてもおかしくなかったんですよ。」

 

何だか私、忘れてなんかいないつもりだったのだけれど、最近の圭人くんの煌めかしい活躍振りに当てられていたのか、やっぱり忘れていたんです。デビューしてからの相当な苦労を。パンクしてもおかしくないって、間近で見ていたメンバーが言うのだから私たちが想像する以上の、こんな言葉で軽々しく言い表すのも憚られるような日々だったのだと思うのです。今の圭人くんの輝きはそんな日々を自らの努力で跳ね除けたからこそのものであることを。この記事の序盤に最近の圭人くんには気概が感じられるとか知ったようなこと書いていたのだけれども、そんなのデビューから(いや、デビューする前の単身英国留学からかも)ずっとだったんだ。10周年というこの節目の年に、このインタビューで、圭人くんの経歴を改めて思い起こさせてくれた裕翔さんに掌の皮が剥けるほどの拍手を送りたい。裕翔さん圭人さんの隣に居てくれて本当にありがとうthank you for世界へとハグ。

 

その他にも裕翔さんは高木さん同様英語芸についてJUMP全員で一緒に見つけようとしてると言ってくれている。ほらほら、圭人くんよ、もっとメンバーに思いを発信して!メンバーのお知恵も借りて!誰もが羨む英語芸を確立させましょう!!(……すみません、やんややんや言うのは簡単ですね。取り敢えずNHKに圭人さんを英語の何らかの番組にゲストでも何でもいいから出演させてくれそこで爪痕残せたらレギュラーも視野に入れてくれという旨のお手紙を書いてきます一介のヲタクに出来ることとと云えばそれくらいですので……)

 

 

ここで今回の御三方のインタビュー、最優秀パワーセンテンス賞を発表致します!(唐突すぎて自分が分からない)

 

岡本圭人さん絡み部門/

「最近は、やわらかい笑顔で笑ってくれてるんで」

……えっ、これ、あなたにだけではなくて???(とりん拗らせ厨の感想)

 

\その他部門/

「俺は握った手を乱暴に振りほどこうとしたのに、いちばんジャニーズぽかった薮が、その手をつかんで離さなかった。だから、今も俺はここにいる」

……何かもう、こんなに一文に心を鷲掴みにされたことあるかってくらい心臓がぎゅっと(セクゾ)なるんです……いやもうなんなら不整脈になってます。映画のキャッチコピーかと思うくらいの言葉選び(ショートムービーで映画化してくれ。ミニシアター系の上映で)先程も言いましたけども髙木さんってたまにとんでもないクリティカルヒット出すから普段とのギャップも相まって人々の心を離さないんですね……今までも大好きでしたけどもこの10000字で本当に髙木さん恐るべしとなりました遅過ぎました。

 

 

 

残すところ……何!?次号は光兄やんだと!?ラストはやはりエースとなると圭人さんトリから2番目やーん!!!11.23、冬の訪れとともに岡本革命の足音が聞こえる……(映画のキャッチコピーぽくしたかったのだけれど髙木さんの足元にも遠く及ばない失敗例はこちらでしたさようなら)

 

 

 

JUMP内カップリング雑感のお話〜岡本圭人さんを中心に〜

拝啓、Hey!Say!JUMP様

結成10周年誠におめでとうございます!!!(時差も大概にしろ)

大丈夫です当日は寝落ちして0時きっかりとはいかなかったもののしっかりTwitterでお祝いをしH.ourTimeを924回いや冗談です9回ほど聴きましたギリギリになりましたが通常盤のwebラジオも拝聴しまして片手で足りるか否か程の自担の発言を何とか聴き逃すまいと両耳をこれでもかと奮闘させましたが正確に聴き取れたかは定かではありませんというか最近のらじらーのように何人かゲストで来てくれて皆で喋っているラジオを聴くときはいつも両耳に数少ない全神経を集中させるのですが未だに誰が喋っているのか訳分かってないただの難聴オバさんでした失礼致しました(ここまで一息です読みづらさが凄まじい)(全く関係有りませんが難聴オバさんでも聞き取りやすい声TOP3の発表です。一位伊野尾さん、二位知念さん、三位同率で薮さん有岡さんに決定致しました)

そう、そうなんですよ。9人って、他のグループより多いので当の本人たちも一人ひとりを覚えてもらいにくい、TVで全員が話せないなどとよく言及しているが、応援している側にとっても結構ハードな面がある。例えばJUMP沼にハマりたての頃は歌番組で自担を見失うのは日常茶飯事だった。あっここにいる!と思ったその瞬間にカメラが別メンバーを抜いていたり、見切れ自担を追いかけるのに兎に角必死のため眼球疲労を起こしたりとたった何分かの間に自担がいない!自担は!どこ!!と歌番組があるたびに軽いパニック障害を引き起こしていた(恥ずかしながら今も自担が視界から行方不明になることは無きにしも非ず)それから最近直面しているのが金銭面の問題である。今回のツアーグッズに9ぷぅちゃんのマスコットがある。1体1300円也。いや自担のだけ買えば良いでしょと日本人の99%のお方は思うだろうが、残念ながらヲタクは残りの1%に生息している。1体お迎えするといや一人じゃ淋しいだろうなと思い、2体3体と増えていくにつれて徐々に全員お迎えした方がよいのではという気持ちにシフトしてくる。それが5人程のグループであればすぐにフルコンプということになるのだが、いかんせんJUMPは9人なのでフルコンプするには簡単に1300×9円が高らかに我がお財布から吹っ飛ぶ訳である。ポスター、クリアファイルなどにも同様のことが云えよう。

……と、謎にナイーブな面を少しばかりお伝えしたがそんなのは微々たるものである。大人数のグループということがJUMPに唯一無二の魅力を与えているのは確かなのだ。ここに記すまでも無く皆様ご存知だとは思うが揃ったフォーメーションダンス、男子校を覗くような可愛いわちゃわちゃ、多方面での幅広い活動など、9人でいることのスペシャリティの方が、ナイーブな面を大幅に上回っていることは間違いない。私自身も一人ひとりのパーソナルな部分とわちゃわちゃな部分を見聞きする度に、圭人くんを追いかけていたつもりが漏れなく全員の虜になっていた。そんな中、漸くJUMP生活2年半、漸く応援スタイルに余裕が出てきたのか、私やっとグループが大人数であることの最大の魅力に気付き始めてしまったのですよ!!!

 

CP(カップリング)萌え〜〜〜!!!(とことん古い)

 

あー、大人数グループの一番の良さってここなんだな……と最近毎日感慨に浸っております(違う)もう9人もいればあっちもこっちもCP!!ふと見渡せばCPの宝庫!!36通りもの組み合わせ!!多種多様、どんな要望にもお応えできます!!あっすみませんついCP熱が決壊してしまいました。いやこれまでもCPを意識したことはあったしなんなら嵐担だった時だってにのあいとか櫻葉とか騒いでいたのだが、明らかに最近は様子が違う(私の)特に最近はドル誌をよく購入しているからなのか一緒くたに映っている可愛いCPを見る機会が増え、脳に眠っていたCP細胞が急激に活性化し妄想までし始めたのである。しかしこのCP熱の荒ぶりをリアルで誰かに話したとしても同意は得られないどころか社会的信用をも損ねる可能性があるのでちょっとここで私の超ド級スーパーミラクル個人的CPイメージを勝手に語る会を開催しちゃっていーですかー?(いーですよー!)一般的な見解からかけ離れているものも多いし今更感漂いまくると思うがいつもの如く所詮ド新規オバさんの戯言なのでご容赦頂きたい。また全CP36通りやると恐らく文字数がMyojo1冊分くらいになりそうなので圭人りん主体8CPについて語るがそれでも長くなるのは目に見えているのでしゃーない付き合ってやるかという圭人りん並みに優しい大天使が万が一にもいらっしゃいましたらお付き合いください。

 

 

 ①やまけと

【属性】彼氏×彼女

しっかり者の彼女圭人りんと彼女に依存している激重彼氏山田さんのカップル。普段はぽやぽやしている彼女だが彼氏が半端なく甘えてくるので彼氏の前ではしっかり者になってしまった。但し彼氏が甘えるのは2人きりの時のみで他メンバーが周りにいるときは悉く上から物を言うというツンデレの高低差で耳キーンなるやつ。


【男子校に居てほしいやまけと】
移動教室や御手洗いに行く時には常にやまがけとを誘って一緒に行きたがってほしい。「圭人ー。次理科だよね?一緒に理科室行こー」「山ちゃんちょっと待って、裕翔に昨日借りた雑誌返さなきゃ……」で露骨にムッとする山田さん。決まり文句は「うっせーよ!!!」

 

 

②ちねけと

【属性】天使

平和、天界、小動物、四つ葉のクローバー……この2人を表すワードは多幸感しかない。2人にはとことんキャッキャウフフしてて欲しいのだが実際問題圭人りんに甘えまくる(全メンバーに甘え上手な)ちねたんと甘えられるのに嬉しみを感じまくる圭人りんそして圭人りんが甘えられるの好きなの知ってて怒涛の甘えラッシュかましてくるちねたんの構図でとにかく甘えればもっとハッピーライフなのである。

 

【男子校に居てほしいちねけと】
昼休みに外の芝生でお弁当を食べてその後校舎の周りをお散歩して四季の移ろいを2人で共有してほしい。「ねー、けいとー。肌寒くなってきたから上着貸して?」「ちねんだいじょうぶ??けいと手袋も持ってるから貸してあげる!」2人でほっこり……THE平和。

 

 

 

③とりんとりん(ゆとけと)

【属性】変幻自在

とりんは大正義です。お互い上にもなるし下にもなるし横にもなるし斜めにもなります(何を言っているのかちょっと分からない)対等だからこそお互いに対し何とでもなれる柔軟な体制。身体の一部を密着させるのが得意科目。健全にこにこ仲良しからいきなり醸し出される性的な雰囲気の落差はナイアガラの滝レベル。

 

【男子校に居てほしいとりん】

授業の合間にお互いを抱っこorおんぶしてキャッキャ遊んでてほしい。机と机の間を猛ダッシュで駆け抜けて山田さんに「あぶねーよ!(嫉妬)」って怒鳴られて「やま(ちゃーん)ごめーん!」って2人で合掌ポーズシンクロしてほしい。んで「「かぶった!!」」って顔寄せ合って笑い合う2人に再び山田さんが嫉妬する手筈です(どうしても山田さんを嫉妬させたいワイ)

 

 

④ありけと

【属性】女子会

この2人に関しては札幌で2人で観覧車に乗ったエピが未だに忘れられない……有岡さんといると圭人りんは途端に親友にだけ気を許した女子に変貌を遂げる感があるし有岡さんもそれに合わせることで圭人りんを受け入れてくれてる感がある。流行に敏感で洋服や音楽の話をこよなく愛す女子カッポー。

 

【男子校に居てほしいありけと】

放課後残ってファッション雑誌読みながらあーだこーだ喋ってたらおもむろに有岡さんがSNOWで顔交換とかし出してそのうち楽しくなっちゃって女の子さながら盛り写メ撮って遊んでてほしい。「ん?この可愛い子誰だ??ってオレかい!!」「大ちゃんはほんとに可愛いよー」「いやけいとそこはちゃんとツッコめ!」って素直な圭人りんにタジタジの有岡さんはどこですかね??

 

 

⑤いのけと

【属性】彼女×彼氏、たまに兄弟

いのちゃんがあざと可愛いからか何なのか、突如圭人りんがお姫さまを守るナイトになる。とにかくいのちゃんの可愛さとの対比からか圭人くんがいきなり雄を噴出してくるので注意が必要。いのちゃんもそれに乗っかって更にあざとい表情を浮かべてくるのも見もの。実際のところはいのちゃんが適度な距離感を保てるお兄ちゃんになり、弟を陰ながらサポートしてくれる。弟は未だに兄に緊張しているのがまたエモい。

 

【男子校に居てほしいいのけと】

隣の席で同じ作者の違う小説を読んでいてほしい。2人が好きな恩田陸さんでもいいし辻村深月さんの小説とかも良い。読んでる最中たまあに「圭人〜次の時間何だっけ?」っていのちゃんがたわいもない質問しても圭人りんが読書をやめないので「圭人ー圭人ー」っていのちゃんがダル絡みすると「いのちゃん…今いいところだから……」って困り眉で圭人くんが応えます。

 

 

⑥ゆやけと

【属性】幼い姉弟

この2人の関係性はウォータースライダーで垣間見えた。思いのままに行動する雄子姉さん(7)とそんな姉を心配したり少し面白がったりする弟けいと(5)弟が姉を面白がったりすると大抵は姉が怒りそうだがこの姉弟は姉が弟を物凄く買ってくれているのでどんどんやれと思ってくれている。とにかく姉の弟を見る目が優しいので弟ものびのび出来るのである。

 

 【男子校に居てほしいゆやけと】

夏の暑い日、太陽じりじりの昼休みにバスケで1on1してほしい。僅差で圭人くんの勝利に終わりタオルで汗を拭いつつポカリかなんかのペットボトルが一本しか無かったので2人で回し飲みした後、雄也さんが「あーやっぱり圭人うめーなー!!」って太陽に向かって最高の笑顔で叫んでほしい。横ですっごい嬉しそうに「…雄也もね」って微笑む圭人くん下さい。

 

 

⑦ひかけと

【属性】兄弟

一時蜜月関係にもなったとのことで元祖兄弟感が強火。基本的には圭人りんが甘えるが、光兄さんには臆することなく言いたいことを言える奔放さも持ち合わせる。バンド活動でも培ったお互いの信頼の厚さと兄さんの懐の深さを感じさせる歴史有るCPと云えよう。あとイメージ的にはウブな兄弟(であってほしい願望)

 

【男子校に居てほしいひかけと】

休み時間にほんの少しだけえっちな雑誌を2人で読んでキャッキャしてほしい。でもかなり過激なページが合間にあって2人とも耳真っ赤にして黙ってほしい。「……あーこれは…これは圭人好きでしょ…(真っ赤)(そのページを圭人りんに向けてくる)」「えっ…ちが!!光くんでしょ!好きなの!!(真っ赤)」

 

 

⑧やぶけと

【属性】師弟

何だかこの2人は兄弟というよりかはもっと精神的に年が離れている感を漂わせる。Jr.経験の殆ど無かった圭人くんと当時Jr.界の大スターだった薮さんという経歴がそうさせているのかもしれないが、常々薮くんを頼りにしている相談に乗ってくれると発言する弟子とそれをフニャフニャ笑顔で受け止め鋭い眼光で的確にアドバイスするお師匠様には後光が差しています。

 

【男子校に居てほしいやぶけと】

2人で机挟んで前と後ろで昨日出た課題で分からなかったところをお互い教え合っててほしい。得意科目を教えるスタイルで薮さんは社会圭人は英語を担当してほしい。そのうち薮さんが「日本で初めてパンツ履いたの豊臣秀吉らしいよ。あと日本で初めて……」って余談の薮始めちゃうんだけど圭人くんがニッコニコで聞いてたらチャイムが鳴っちゃうそんな休み時間です。

 

 

 

はぁ……(無駄にやりきった感)こっちとしては誰も聞いちゃいない話を濁流の如く吐き出して大層スッキリしたのだが、結局のところ文才が壊滅的にないのでJUMPのCPはどれも尊いということを全く伝えられなかったことだけが無念極まりない。しかもCPのイメージを只々淡々と記録していくつもりが無意識のうちに男子校に居てほしいとかとんだ妄想追加してましたお目汚し大変失礼致しました。無意識というのがこの世で一番恐ろしいので今から精神科に行ってきます探さないでください圭人りんは8人のパートナーと和歌山公演楽しんできてくだ…さ…い………(遺言)

他グループを参考にHey!Say!JUMPアニバコンDVDの特典を勝手に企画するお話【後編】

 09.24まで、あと2日!とマメにカウントダウンを続けているが私が本当にカウントダウンをしなければならないのはツアーに入る予定の10.15の方である。うちわも完成していなければグッズは何を購入するかまだ決め兼ねているし何時に会場に着けば良いのかその他諸々の段取り等何にも考えていない。決定事項と云えば全身緑の格好で河童になることだけである。それどころか前々からキクキク詐欺をキメこみ未だにベストアルバムをちゃんと聴いていないというJUMPと全てのJUMP担に無礼極まりない挙動ばかりを繰り広げていますが私が今最も考えたい衝動に駆られているのは次のDVDの特典についてなので、ここはSpeed it up本能のままに突き進まさせて頂きたい。

ただ長いだけの前編はこちら↓

echichi56.hatenablog.com

  

まずは前回のおさらいだ。他グループの映像作品の特典を一通りさらったが、Jスト担として10何年ヲタ活しながらも他のレコード会社のことを何も存じ上げなかった結果、人生で初めて腰を抜かしましたよ私は……。ちょっとこれを見て下さい(いつもの通り1分で纏めた手書きの表ですおぞましく汚いですごめんなさい)(謝れば何をやってもいいと思っている)f:id:echichi56:20170921132725j:image《表の読み取り問題(自由記述有)》

【問1】この表から顕著に分かることを5文字で答えよ。

【模範解答】「キスマイ神」「JUMP闇」等

 

【問2】特典感が最もないグループはどこか。その理由も60字以内で述べよ。

【模範解答】

「JUMP…マルチアングルを入れてとけば良いだろうという考えが透けて見える上Blu-rayをはじめファンのニーズが何も反映されていないため。」

 

【問3】それぞれのレコード会社の特徴を端的に述べよ。

【模範解答】

「Jスト…嵐に力入れすぎ」

「JE…取捨選択が上手すぎ」

「ポニキャ…ヲタのツボを抑えすぎ」

「エイベ…ただの神すぎ」

 

いやぁこの件、一般的には常識だったりしたら何を大袈裟に騒いでいるのだと通報されそうてあるが、無知でお馴染みの当方はこのジャニーズ格差社会にここ10年間で一番ビックリしております。というかもう本当本気でキスマイ担もしくはV6担もしくはavex担になりた過ぎて部屋の片隅でギャーギャーのたうち回っております(通報される)とにかく各グループでこんなに特典に差があるとは知らなかったのでひたすら勉強になった。そして取り分けJUMPのヲタに対する塩対応加減は非常にしょっぱく、これ塩分濃度死海レベルいっちゃってるからJUMP担を代表して水死体になってちょっと浮かび上がってくるわと言いたくなるほどであった。また以前より私はガチヲタを商品開発チームに入れた方が良いと思い続けていたのだが十中八九avexにはガチヲタがいることが分かった。逆にJストの主にJUMP、KAT-TUN商品開発チームにはまだガチヲタは居ないようなので私もそろそろアップを始めておきたい。ということでJUMPアニバコンDVDの特典を全身全霊をかけて考えていこうと思う。完成した暁には履歴書と企画書を持ってJStorm本社のドアをノックしたい所存である。私はJUMPの特典の塩分濃度を海水レベルくらいにまでは下げたいのだ。

 

 拝啓、JStorm様

『JUMP10thアニバコン映像作品化案』

【販売形態案】

もう当たり前すぎてここに書くのも憚られるが、実現して欲しさが末期過ぎるので書かせて頂く。

JUMP初のBlu-ray盤をよろしくお願いします!!

やっぱり麗しいJUMP様方の顔面やお肌やその他分泌物等は高画質で観たいんですよワイ……。販売形態は、関ジャニキスマイ同様にDVD初回限定盤、DVD通常盤、Blu-ray盤の3種形態で特典がそれぞれ別という手法を強めに推す。やっぱりここは商売である。10周年で(財布の紐の緩さが)勢いに乗っている今のJUMPヲタを逃したくはない。ヲタも特典が強ければ2種3種はひょひょいと買う。JUMPは学生ヲタも多いが特典に魅力があれば2種くらいまでは購入してくれるかもしれない。

土台が決まったところで特典の中身を考えていこう。

 

【パッケージ、ブックレット案】

DVD通常盤は三方背ケース+デジパック仕様で砂時計モチーフのI/Oロゴというオーソドックスなものを採用し、ブックレットも20P程の簡素なものに留めて価格を抑える。最後に価格も決めようと思うが通常盤は廉価にしておくことで学生にも手が届きやすい形態を一種作っておきたいのだ。問題は初回限定盤とBlu-ray盤である。せっかくだからここぞとばかり豪華にしていきたいし、2種あるのだから趣の違うものにしていきたい。

ここで私の夢を1つ叶えておく。

 以前ツイートしたこの写真集を思い切って初回限定盤に特典として付けるのはどうか。ツイートの通り2冊セットにしたいが今回はコンサート絡みにしたいので内容はコンサートの衣装解説込み(衣装厨としては1人ひとりのお衣装を徹底解剖して頂きたい。素材やデザイナー様のこだわり、1人ひとりの違い、コンセプトなど図解付きで載せてもらえると発狂する)のコンサート舞台写真集、もう1冊はJUMPプラベショット写真集。ここに今回のコンサートのMC中に各地で披露されているらしいプラベショットやいのピクで紹介されたような打ち上げの写真なども入れてもらう。勿論裕翔カメラマン撮影の楽屋や公演後のショット、移動中などのショットもあるとより良い。両方の写真集ともできれば50Pほどは欲しいところである。さて、この写真集2冊セットを封入できるケースにしなければならないが、DVDも含めるとかなりの厚みになることが予想される。そこで思い浮かんだのがこの本型ケースである(拾い画です)f:id:echichi56:20170922120324j:image(これは地元北海道の銘菓六花亭の十勝日誌という菓子折りセットです凄く美味しいお菓子ばかりです(いきなりブッ込む北海道担))これをDVDケースの大きさより少し大きくした感じのイメージである。この様な底が深めBOXにすると収まりが良いのではないかと考えた。

Blu-ray盤はどうしようか……と思い悩んでいたが、ふとセクゾの特典を思い出した。前編には詳しくは書かなかったがセクゾの初回限定盤パッケージの欄にはこんな説明書きがあった。

※ケースの中から別絵柄が出てくるダブルジャケット仕様

ほほう、このジャケットを変えられるというのは良きだな。ということで、Blu-ray盤はDVD通常盤と同じブックレット、三方背ケース+デジパック仕様に加えこのダブルジャケット仕様を採用したい。予算その他諸々の関係が可能ならばダブルジャケットの外側のケース面は9人の集合写真、中面は1人ずつのソロショット9枚を封入特典(後にも述べる)にし、中面に自担の写真を付け替えられるシステムにしたらどうだろうか??付きましてはソロショットに最良のビジュを持ってきて下さいますようくれぐれも宜しくお願い申し上げます。

 

【マルチアングル案】

これは映像が麗しい方が良いのでBlu-ray盤の特典とする。他の特典もかなりのボリュームになる予定のため、マルチアングルは従来通りソロアングル4曲ほどでも良い。私はまだコンサートをこの目で拝見していないためどの曲をソロアングルにするかについては公演後にじっくり考えることとするが1つだけ決めていることがある。

7のSweet Liarのソロアングルを!!くれ!!下さい!!!

あっBEST曲のソロアングルもちゃんと付けますので……!両者win-winの取引で如何だろうか。それともう1つ、キスマイのマルチアングル編集機能が気になり過ぎて夜も眠れずもう睡眠薬飲もうかというところまで来ているため、もし可能ならばJUMPにもそのような機能が搭載されればヲタもより楽しめるだろう。

 

【ドキュメンタリー案】

これは敢えて通常盤に付けたい。前編の記事ではNEWS、ジャニスト、セクゾなど通常盤にドキュンタリーなぞ大きい特典付けてヲタに買わさせる気だななど穿った見方をしてしまう汚い大人だったが、これ沢山の人に裏側を観て欲しいというメンバーからのファンへの想いなんじゃないのと思えてきた。汚らわしい大人代表としてお詫び申し上げます……。内容としては

・リハーサル風景

・公演前のわちゃわちゃと公演後の感想はツアー公演分全て収録。一公演につき1人カメラを回す役を決めローテーションで担当(28公演あるので一人につき3回、オーラスは全員で)

・横アリ期間中の記者会見も可能ならば収録

・本編で使われている映像のメイキングとその映像も収録

キスマイのようにソロドキュメンタリーも入れたいとも思ったが28公演あるため相当長くなると考えられるので、上記の一公演1人カメラ回し担当制を採用することで同等のものとしたい。

 

【MC集案】

これは初回限定盤の特典にする。全てだととんでもなく長いと思われるのでダイジェストで良いが、とにかくヲタは9人のわちゃわちゃが観たいのでそれを踏まえた編集をお願いしたい。

 

【封入特典案】

先程パッケージの部分で述べたがBlu-ray盤はダブルジャケットに使用できるソロショット9種封入で決まった。通常盤は前述の通り価格を抑えるため封入特典は無しにしたい。問題は初回限定盤だが、スペシャル感を出すとなるとBlu-ray盤のソロショットのポーズ違いを1枚ランダム封入し、Blu-ray盤のダブルジャケットとも互換可能……いや、ランダム封入はヲタの財政的に危険か、でも欲しいし誰が当たるのかの楽しみもあるな……とここで行きつ戻りつ2時間ほど考えてしまっている(世界中で一番の無駄な時間の使い方)

 

【別公演収録案】

これも映像系なのでBlu-ray盤に収録したい。恐らく本編では横アリ公演が収録されると思われるため、ここはオーラスの北海道公演を是が非でも収録して頂きたい。全編が無理そうならアンコール〜トリプルアンコ(勝手に有ると決め付けている)でも良い。それから今回は各公演でセトリが若干違う旨の話を聞いた。なので本編で収録されなかった他公演での楽曲を漏れなく収録して頂きたい。これで「自分の入った公演でウィーケンセトリ落ち」などと泣きながら彷徨っていた何百万もの魂たちが成仏できるのではと考える。

 

【オーディオコメンタリー案】

副音声を付けて、メンバーが本編を観ながらわちゃわちゃ喋っている様子を是非収録して頂きたい。ツアー中のホテルの一室にメンバーが集まり、その日のコンサート映像を観ながら8割方メンバー同士で褒め合うという現代の桃源郷のような話をこのオーディオコメンタリーで是非体現して欲しいのだ。「圭人MC中全然喋ってないな〜あっ喋った!おもしれー!(髙木)」「ここの圭人のギター超かっこいいの(山田)」など限りなくメンバー愛に溢れたコメントが聴きたい。これはかなりレアな特典なので初回限定盤に付けようと思う。

 

【その他】

・字幕は3形態全てに付ける。特にMC時はボソッと誰かが喋った声も結構重要なコメントであることが多いJUMPなので、聞こえるか聞こえないかの声も是が非でも拾って頂けたら幸いである。

・初回限定盤にはキスマイの特典にあった、「ハプニング&名珍場面集」を満を辞して付けたい。城ホでのひかやまちゅー事件など、会場にヒビが入ったであろう濃厚な絡みを多数収録して欲しい。BESTコーナーの各公演でのアドリブなども観たいところである。この特典でJUMP担は恐らくこの先5年間は間違いなくご飯が美味しく食べられると確信している。

 

 

最後に各販売形態と特典を纏め、値段を付けてみよう。

《DVD初回限定盤》(¥7,000)

スペシャルケース仕様(本型ケース)

○写真集2冊セット(全100P)

○ソロショット1枚ランダム封入(全9種)(Blu-ray盤ダブルジャケットと互換性有)

○各公演ダイジェストMC集

○オーディオコメンタリー〜真剣PreciousGirlな皆と一緒に過ごしたFantasticTimeを振り返ってこれからもRideWithMeしてOVERTHETOPしようぜコメンタリー〜(V6兄さんの様にインパクトのある題名にしたかったが適当にも程がある)

○ハプニング&名珍場面集

 

《DVD通常盤》(¥5,000)

○三方背ケース+デジパック仕様

○ブックレット(20P)

○10th Anniversary Tour I/O 密着ドキュメント

 

Blu-ray盤》(¥7,000)

○プレミアムパッケージ仕様(ダブルジャケット仕様)

○ダブルジャケットの内面ジャケットとして使えるメンバーソロショット9枚封入

○ソロアングル4曲(全員3曲、BEST・7各1曲ずつ)(マルチ編集機能付き)

○北海道真駒内オーラス公演アンコール部分ノーカット収録

 

値段は他グループを参考に、特典のボリュームを考えて算出してみた。通常盤はもう少し抑えたいところであったがドキュンタリーが相当ボリューム有なためメンバーの労力にも敬意を表してせめて¥5,000は頑張ってヲタクに払ってもらおうと思う。初回とBlu-rayは画質的にはBlu-rayの方が高価な傾向だが特典の量と質で判断し同じ値段とした。3種で2万円を切る価格設定。万が一ここまでお読み頂いている方がいらっしゃったらどんな買い方をするか良ければ教えて欲しい。ご意見は今後のマーケティングに活用していきたい(もうJストの社員気取り)

 

 

さあ現実に戻ろう。私はJストの社員でJUMPの商品企画開発部映像作品担当者でも何でもない只のしがない無職ニートである(落差が熊本のウォーターフォールくらい酷い)そしてここはディズニーリゾートでも何でもない只の自宅なのだがこれでもかという程夢を見させて語らさせてもらって大満足以外の語彙が全くもって見つからない……が、今回考えた特典のうちの1つでも(いや、2つか3つくらい…ボソボソ)実現したらドームコンにも行けない哀しい茶の間ヲタは涙の大洪水起こして街を沈没させかねないくらい喜ぶのでどうかJスト様どうかよろしくお願い致します(土下座の勢いが凄まじくて頭が地面にめり込んだちょっと病院行ってきます)

 

 

 

 

……あっ今過去最大規模に肝心なことを思い出した……

 

前回のカウコンでも前々回のカウコンでも今回のドームコンでも何でもいいから特典にしてもいいから遅くなってもいいから

映像化して!!!!!

 

この言葉を09.24のお祝いの言葉に替えさせて頂きます……(Are You CRAZY?)f:id:echichi56:20170922152056p:image

他グループを参考にHey!Say!JUMPアニバコンDVDの特典を勝手に企画するお話【前編】

JUMPの結成発表日9.24まで、あと5日…!

今日が何月何日かもよく分かっていないような数字に疎い私が自ら進んでカウントダウンするなんざ子どもの頃のあと○日で夏休み!以来20数年振り2回目のことである。そのくらい9.24は尊い。圭人りんがH.ourTimeの歌詞で09.24まったなんて涙を禁じえない言葉選びをしたことも尊さに拍車をかけている。もう9.24はキリストかブッダの本当の誕生日なのではないかとすら思えてくる不思議。ともかく圭人りんが日々お蕎麦作りに奮闘していたり圭人担がこぞって二八蕎麦を購入しネバネバ系と和えて食べたり圭人りんが伊野尾さんの専属通訳になったり圭人担がこぞって赤飯を炊き伊野尾さんとフジテレビに御礼を丁寧に言って録画を何百万回も再生したのちにうちの子天才オカ調レギュラー化希望とのたまったりしている間にも、刻々とJUMPの原点9.24は近づいているのである。そこでふと疑問が頭をよぎった(最近よぎりがち)

9.24過ぎたらもう10周年ではないのか……?

10周年yearだから特別!!!色んなお仕事!ベストアルバム!記念のツアー!岡本圭人さん作曲10周年anniversarysong!!

……あれ?もう終わっちゃうの!?(大混乱)

いや、確かに10周年yearさんは凄かった。歌番組も沢山出てくれたし10周年スペシャルメドレーなど様々な演出で魅せてくれて茶の間ヲタを楽しませてくれた。雑誌の表紙も多く、内容も10周年を振り返る深い特集ばかりだった。ベストアルバムのリクエスト投票も良かったしwebラジオにレギュラーラジオのメンバー特別出演、VS嵐念願の全員出演、個人の仕事も幅を広げ数多く追いきれないほどで、紛れもなく10周年おめでとうありがとう!だった訳だけれども……これで本当に終わりなのだろうか。もう一発結構大きめの仕事とか無いのだろうか。メンバー全員が理想だが圭人りんソロでも構わないのですが(唐突なモンペ)何か無いのだろうか。いやもう十分すぎるほど10周年の活躍が目覚しかったのは分かっている。ただ次々にイベントが襲ってくる事態に慣れてしまったがために、この特別感が9.24で(デビュー日と考えると11.14で…何れにせよもうすぐ)終わってしまうとのでは云うことに恐怖を感じてしまうのだ。またその恐怖はヲタ達にとっての次の大きな楽しみが今のところ無いというところに起因しているのではないかとも考える。今のところ9.24後の予定としてはアニバコンがあといくつか残されているのみ……追加もねぇ!冬コンもねぇ!楽しみなんて何にもねぇ!(吉幾三をチョイスする時点で歳がバレる)(と、この記事を執筆(特に筆は使っていない)している最中にドームコン決まった!!おめでとう!!しかしながら、しがない地方勢は参戦できるはずもなく……なのでこのまま何もない前提で話を続けてさせて頂きます)

 

……ん?待てよ?ドームコン安定の茶の間班にもあ、あああ、あったよ!!大きな楽しみが!!!確約された未来の約束が!!!

10周年アニバコンのDVD発売が!!!

これだけは間違いなく来年には出るでしょうこのDVDの発売は全力で決まっているでしょう。ここでいきなりJUMP担あるあるを早く言いたいので言わさせてもらうが、現在ツアー中ということもあってかTwitterなどでレポを読んでいるとセトリMC等各公演ちょっとした違いが有りその度にJUMP担の方々とDVDに入れて欲しいという話になりがち〜(長い)なので、今回は次のDVDの収録内容を超個人的希望で考えてみたい。しかし(smart、JUMPingCARnival、DEAR しか持っていない非国民がのたまうのも何ですが)JUMPのDVDは塩対応なのではないかという疑念が持ち上がっている。最近の初回限定盤と云えばソロアングル一辺倒で、特典を考えようにも前例が無い。smart初回にはポーチが付いていたり車魂通常盤にポスターやらライブで流れた映像が入っていたりとちょいちょいオマケ的な何かをぶっ込んでくれることもありまぁこんなもんだよな……と半ば満足げに塩に浸かっていたらところ、何だかざわ…ざわ……と聞こえてくるわけですよ。他グループの特典が豪華過ぎて歓喜で死んだとか死んだとか生き絶えたとか逝ったとか……。ジャニーズでは嵐とJUMPしか通ってない私は云わば自動的にJStorm担ということにもなり、Jストの特典しか知らない訳であります。なのでここは一つ他グループ(他レコード会社)の動向もオカ調せねばならぬ!!と云う事でまずはジャニーズ他グループのコンサート映像作品における特典的なものを調査してみようと思う。

 

(なお全部の映像作品を調べると次のDVDが発売する頃まで時間がかかりそうなのでジキソウソウに諦めた。なのでここでは各グループ(TOKIO以降)の最新の映像作品を検証することとする。いつものことながらもうすぐアラフォーに足を突っ込むオバさんなので諸々不備が有ると思う、いや思うじゃなくて有る(断定)ので生温かい目で読んで頂ければ幸いである)

(そして非Jスト勢の奮闘模様をより顕著に見届けたいがため、レコード会社毎に色分け(勝手なイメージカラーで)させて頂きます )

 

 

【招待選手一覧】

J Storm勢/
TOKIOTOKIO 20th Anniversary LIVE TOUR HEART』(2015年)

・嵐『ARASHI LIVE TOUR 2016-2017 Are You Happy?』(2017年)

関ジャニ∞関ジャニ'sエイターテインメント』(2017年)

KAT-TUNKAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10ks!"』(2016年)

・Hey!Say!JUMP『Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR 』(2017年)

関ジャニは自主レーベルだがJスト傘下のためJスト勢に加勢してもらうこととした

 

\Johnny's Entertainment勢/

KinKi Kids『We are KinKi Kids Dome Concert 2016-2017 TSUYOSHI & YOU & KOICHI』(2017年)

・NEWS『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』(2016年)

ジャニーズWESTジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと』(2017年)

 

ポニーキャニオン勢/

Sexy ZoneSexy Zone presents Sexy TOUR 2017〜STAGE』(2017年)

A.B.C-ZA.B.C-Z Star Line Travel Concert』(2016年)

 

 \avex trax勢/

・V6『V6 LIVE TOUR 2015-SINCE1995〜FOREVER-』(2016年)

タッキー&翼『YOUは何しに?タッキー&翼CONSERT そこにタキツバが私を待っている 正月は東京・大阪へ』(2016年)

Kis-My-Ft2『CONSERT TOUR 2016 I SCREAM』(2016年)

 

 

選手が出揃ったところで早速項目毎に見ていこう。

【パッケージ仕様】
TOKIOスペシャルパッケージ仕様(デジパック仕様・三方背スリーブケース)(初回プレス)
嵐/スペシャルパッケージ(デジパック仕様)(初回盤)
関ジャニ∞/特製BOX仕様(初回盤)
KAT-TUN/10ks!プレミアムパッケージ仕様(初回盤)
Hey!Say!JUMP/初回と通常色違い

 KinKi Kids/三方背ケース入り(初回盤)
NEWS/プレミアムパッケージ仕様(初回盤)
ジャニーズWEST/初回スペシャルパッケージ(初回盤)

 Sexy Zone/豪華ジャケットケース(三方背+デジパック仕様)(初回盤)

 V6/特殊パッケージ仕様(初回盤)
Kis-My-Ft2/特殊パッケージ仕様(初回盤)三方背パッケージ仕様(通常盤)スペシャルパッケージ仕様(Blu-ray盤)

 ■パッケージ雑感

デジパックやら三方背やら『脳内いつも聞いているのによく知らない言葉リスト』に入っていたもの(ただの無知)を今回重い腰を上げてやっと調べたら

(三方背ケース)
CDケースを収納する『背が付いたタイプの外箱』

デジパック仕様)
台紙にプラスチックのCDトレーを貼りつけたタイプのパッケージ(CDケース)

と云うことだった。最上級納得。スペシャルとかプレミアムパッケージ仕様と表記のあるものも大体このデジパック+三方背ケースのタイプだと思われる

・殆どのグループが初回限定盤にこのスペシャルパッケージを乗せてきている中、JUMPは特に初回がどうのこうのという表記は無く、手持ちの初回盤を見てみるとおそらく形態的にはデジパック仕様だとは思うのだけれど、通常盤も画像で見る限りは同じ仕様の色違い……?(持っていないので不明)

・キスマイ3種違うスペシャル感乗っけてくる下り、もうここから先のキスマイ無双を予感させますねはい。

 

 

【ブックレット】
TOKIO/"HEART"ライブフォトブック(初回プレス)
嵐/ライブフォトブックレット(60P)(初回盤)
関ジャニ∞/ブックレット(52P)(初回盤)
KAT-TUNスペシャル・ライブフォトブック(124P)(初回盤)
Hey!Say!JUMP/LIVE PHOTO BOOK(60P)(初回盤)

KinKi Kids/48Pブックレット(初回盤)
NEWS/28Pブックレット(初回盤)
ジャニーズWEST/40Pブックレット(初回盤)

Sexy Zoneスペシャル・フォトブック(32P)(初回盤)
A.B.C-Zスペシャルフォトブック(32P)(初回盤)

タッキー&翼/24Pフォトブック(DVD盤)
Kis-My-Ft2/豪華ツアーフォトブック(82P)(初回盤)

 ■ブックレット雑感

・こちらもパッケージに並ぶ初回限定盤のセオリー特典といったところなのか、V6以外は特典になっていた(V6兄さんはこの先出てくるが映像が手厚いんで……この事はかなり重要でテストに出そうなので後程また記述したい)

・ページ数の違いが面白い。活動休止前ラストのKAT-TUNはアニバということも相まって124Pの大ボリュームの第1位。特にアニバでもないキスマイは82Pと流石の奮闘で第2位。ここではJUMPさんも意外と(失礼)踏ん張り嵐兄さんとともに60Pの3位(JUMPは人数が多いのでページを人数で割った一人当たりのページは少ないですけどね……5人の嵐と比べると塩ですね……グチグチ)

 

 

【マルチアングル】
Hey!Say!JUMP/ソロアングル4曲(初回盤)

Sexy Zone/ソロアングル3曲(初回盤)
A.B.C-Z/ソロアングル2曲(初回盤)

 Kis-My-Ft2/ マルチアングルLIVE映像(5曲)(Blu-ray盤)

 ■マルチアングル雑感

・マルチアングルを採用しているグループは4組と思ったよりも少なかったが、人数が多く(5人以上)また個人的見解だがコンサート中結構散らばることが多いグループ(バンドなどのステージ固定があまり無い)がファンの需要に応えてマルチアングルを付けてくれている印象。

・JUMPはソロ4曲と頑張ってくれているがいかんせん人数が多いので付けてくれればくれるほど嬉しいのだが……。

・そんな中でキスマイ5曲!!しかも他はソロアングルなのに対しこちらはマルチアングルで自担に限らず自分でアングルを繋ぎ合わせられる編集機能が付いているぶったまげシステム。時代は知らないところで確実に進んでいた。泣いた。

 

 

【ドキュメンタリー、メイキング】
嵐/Documentary Film〜アユハピ〜(通常盤)
関ジャニ∞/ツアーメイキング映像(初回盤)
NEWS/Documentary of QUARTETTO〜4つのメロディー〜(通常盤)
ジャニーズWEST/Tour Documentary(初回、通常共に)

Sexy Zone/Document Movie of Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE(通常盤)
A.B.C-Z/Document Movie of A.B.C-Z Star Line Travel Concert(初回盤) 

V6/LIVE TOUR 2015 完全密着ドキュメント(初回盤)
Kis-My-Ft2/ 4大ドームツアー密着ドキュメント、メンバーソロドキュメンタリー(初回盤)

 ■ドキュメンタリー、メイキング雑感

・メンバーの素の一面やメンバー間のいちゃこら、ライブ前後の貴重な映像等ヲタにとってのヘブン的な特典であるため恐らく需要も高く今となってはまあまあ主流なのに、時代に完全に乗り遅れるJUMPよ……。

・面白いのはこの特典は初回限定盤に限らないところ。通常盤に付けているところもあればWESTのようにどちらにも付けてくれている神懸かり的なグループも有る。通常盤に付けているグループに関しては単純に初回、通常どっちも購入してもらおうという厭らしさを感じるが自分がそのグループのヲタなら秒で2種購入する。厭らしさにすぐ乗っかるチョロいヲタクは私です。

・そしてキスマイがとんでも無いことになっている。普通?のドキュメントに加えソロドキュメンタリーも収録。何かもうこの時点でチビりそうになるくらい豪華なんですけどドウスルオツモリデスカ(思考回路はショート寸前)

 

 

【MC集】
関ジャニ∞/MCダイジェスト(初回盤)
KinKi Kids/MC 01.01収録(初回盤)
V6/全国MC集(初回盤)
Kis-My-Ft2/ 全公演MC集(Blu-ray盤)

 ■MC集雑感

関ジャニ、 V6、キスマイ神。どの程度収録されているのかは分からないが全国津々浦々のMCを何とか入れようとしてくれている時点で神。キンキも年始公演のMCは光一王子HBDもあり一層嬉しいだろう。語彙が壊滅的ですが続けますがとにかくMCは入っていれば入っているだけ嬉しい。

なのに他のグループは何してるんや。

 

 

【封入特典】
嵐/4面折ポスター(通常盤)
KAT-TUN/折りポスター(通常盤)

KinKi Kids/キャンペーンID(初回盤)
NEWS/ポストカード4枚(通常盤)
Sexy Zone/オリジナルトレーディングカード【ソロ5枚】セット(初回盤)
A.B.C-Z/オリジナルポストカード6枚セット(通常盤)
タッキー&翼/T&TくんシールLIVEver.(DVD盤、Blu-ray盤共に)
Kis-My-Ft2/ フォトカード(8枚入り)(Blu-ray盤) 

 ■封入特典雑感

・割とビジュアル推しの若めのグループに多い印象の封入特典。そのせいかメンバーのビジュを堪能でき、尚且つ保存できるカード系が主流のようである。

・ドキュメンタリーと同じくらい通常盤での特典としているグループも有り、またもや初回と通常どちらも購入してもらおうという思惑を滲ませる。

 

 

【別公演等収録】
嵐/ARASHI "Japonism Show"in ARENA収録(初回盤)
関ジャニ∞/別Endroll収録(Blu-ray盤)
NEWS/広島公演収録(初回盤) 

V6/WOWOW放映ver.収録(初回盤)
Kis-My-Ft2/ツアーファイナルスペシャル映像(Blu-ray盤)

 ■別公演等収録雑感

・単純に物凄くお得感のある特典である。実際に観ていないのでどの位の長さなのか等は分からないが字面を見る限りでは嵐、NEWSが別公演まるまる収録か。こんな素晴らしい特典がある事すら知り得なかった私はもはや特典難民である。亡命したい。

 

 

【オーディオコメンタリー】
関ジャニ∞/コメンタリーテインメント(Blu-ray盤)

V6/ツアー振り返り企画!ビジュアルコメンタリーダイジェスト(初回盤)
Kis-My-Ft2/メンバー副音声〜LIVEトーク&鑑賞会〜(通常盤)

■オーディオコメンタリー雑感

・3組しか付けていないこの貴重な特典も、メンバーの素や裏側が覗けるドキュメンタリー等と同等の価値が有ると云えよう。メンバーと映像を一緒に観ているかのような錯覚に軽率に陥ることができる点も魅力でしかない。

・この特典を付けた3組。初回、通常、Blu-rayとそれぞれの形態に付けている。どの形態に付けても売れる、欲しがる人がいるという確信があるのではなかろうか。そしてもうお気付きの方も多いだろうが、この3組(関ジャニ、V6、キスマイ)は特典の質も去ることながら振り分け方が上手い。この点は特典を考えるにあたっての大きなポイントになりそうである。

 

 

【その他特筆すべきもの】
嵐/字幕付き
関ジャニ∞/アナザーCM集(初回盤)アコースティックコーナー映像、コンサートビジョン映像(Blu-ray盤)
KAT-TUN/CD『BLAND NEWS STAGE』(初回盤)

 Sexy Zone/各メンバーソロ曲収録スペシャルCD(初回盤)

 V6/このツアーを快適に過ごすためにスペシャル、メンバーサプライズ〜ファンからの贈り物〜、(初回盤)
Kis-My-Ft2/ハプニング&名珍場面集(通常盤)

 ■その他特筆すべきもの雑感

・はっきり云って現物を観てみないことには安易に語れない謎の特典が並ぶ(特にV6兄さん)このツアーを快適に過ごすためにスペシャルって何なのだろう……このパワータイトルだけでもう購入してしまいそうになる。

・キスマイのハプニング&名珍場面集はどのグループのヲタも必ず欲しいと云える代物であることは間違いないだろう。今口から発することのできる言葉は「キスマイ担になりたい」のみである。

・CD付属がかなり意外だった。DVDに付ける発想がなかったが、ここでしか聴けない楽曲を欲しいヲタは一定数居るだろう。

・私の記憶が正しければ嵐はアラフェス'13より字幕付きを採用している。他グループももしかしたら採用しているのかも知れないが今回は私のリサーチ不足で分からなかった。これは私の超個人的想いだが、字幕付きは本当に良き。元嵐担としてはうろ覚えの楽曲も一緒に歌うことができるし聞き取りにくい煽りなんかも字幕で拾ってくれるので一層楽しめた経験がある事だけはここにお伝えしようと思う。

 

 

特典の洗い出しは以上になるが、ここで一つ整理しておきたい部分が出てきた。オーディオコメンタリー雑感でも少し述べたが、各グループ発売形態に若干差があるのだ。JUMPはDVDしか出していないため今回のブログのタイトルにも安易にDVDと記してしまったが、お気付きの通りグループによってはBlu-ray盤にも特典を乗せる手法があるようなので、ここで纏めておきたい。

 

【発売形態】()内は価格

TOKIO
DVD初回プレス、通常盤(¥6,000)
Blu-ray通常盤(¥6,500)

嵐/
DVD、Blu-ray初回限定盤(¥8,056)
DVD、Blu-ray通常盤(¥5,833)

関ジャニ∞
DVD初回限定盤(¥6,500)
DVD通常盤(¥4,500)
Blu-ray盤(¥6,500)

KAT-TUN
DVD初回限定盤(¥5,833)
DVD通常盤(¥4,444)

Hey!Say!JUMP/
DVD初回限定盤(¥5,500)
DVD通常盤(¥4,200)
 
KinKi Kids
DVD初回限定盤(¥6,900)
Blu-ray初回限定盤(¥7,500)
DVD通常盤(¥6,000)
Blu-ray通常盤(¥6,600)

NEWS/
DVD初回限定盤、通常盤(¥7,000)
Blu-ray初回限定盤(¥8,800)
Blu-ray通常盤(¥7,500)

ジャニーズWEST
DVD初回限定盤(¥5,800)
Blu-ray初回限定盤(¥6,300)
DVD通常盤(¥5,400)
Blu-ray通常盤(¥5,800)

 
Sexy Zone
DVD初回限定盤(¥6,000)
Blu-ray初回限定盤(¥6,500)
DVD通常盤(¥5,000)
Blu-ray通常盤(¥5,500)
A.B.C-Z
DVD初回限定盤(¥5,600)
Blu-ray初回限定盤(¥6,100)
DVD通常盤(¥4,800)
Blu-ray通常盤(¥5,300)
 
V6/
DVD初回限定A盤(¥8,964)
DVD初回限定B盤(¥8,964)
DVD通常盤(¥5,832)
Blu-ray通常盤(¥6,264)

タッキー&翼
DVD盤(¥5,940)
Blu-ray盤(¥6,480)

Kis-My-Ft2
DVD初回限定盤(¥7,800)
DVD通常盤(¥5,600)
Blu-ray盤(¥7,800)

 

羅列すると非常に見辛くなったので簡単に纏めると(最初からそうしろ)(すみません一応価格も載せたかったんですすみません)

『DVDにもBlu-rayにも初回と通常あるよパターン』(規格関係なく初回と通常で特典違う)

 TOKIO/嵐KinKi Kids/NEWS/ジャニーズWESTSexy ZoneA.B.C-ZV6

 

『DVD初回、通常、Blu-ray3種別物だよパターン』(3通りの特典)

関ジャニKis-My-Ft2

 

『DVD初回と通常だけだよパターン』(初回特典有、Blu-ray無し)

KAT-TUN/Hey!Say!JUMP

 

『初回作らないよパターン』(DVDとBlu-rayどちらも同じ特典)

タッキー&翼

 

発売形態を調べ始めた私が悪かった。それまでの調査ですでに瀕死の状態だったのに自分で切腹行為を働いてしまった。

とにかく私は言いたい。

JUMP担御愁傷様です。(割とKAT-TUN担も…(小声))と。

もうこの記事の相当最初からなんですけど他グループ(特にエイベ勢※タキツバに関してはそれぞれのソロ映像作品の方が初回有りなど気合入っていた。今月をもって残念ながら活動休止になってしまったけれども、この特典の当たり障りなさ感を見るとなるべくして今の現状になったのかな……と身勝手に思う)の特典の羨ましさで奥歯噛み締め過ぎて口内血だらけなんですけど……Jストさん治療費お願いしますね……って本当にこれネタじゃなく差があり過ぎないか!?値段もちょっとお高いくらいでそんなには大差ないですよ!?Jストさん嵐さんで最近頑張ってくれてるの伝わるんで次回JUMP(と活動再開後のKAT-TUN)にどうか、どうかご慈悲を……(大号泣)

(こうしてみるとJスト傘下でもやっぱり自主レーベル関ジャニは自由度あるな…JUMPも自主レーベル設立とかどうですか!?『JUMPing Records』とか……(吐き気を催す程のダサさ))

 

 

えーここで一旦お知らせです。無意味でしかない文字列でお馴染みの当記事が遂に10000字を超えてしまいそうです。ここれはMyojoの10000字インタビューと被ってしまって著作権の侵害にならないか心配で眠れない案件である。そしていつも言っているがここまで読んでくださった貴方には記事に因んで特典を差し上げたいが私がこの記事を書くまでのドキュメンタリーDVDなどはゴミ以下のレベルで要らないので製作は控えようと思う。

 

下らない文章を無意味に増やしている間にもう本当に10000字超えそうなので、続きは次回の記事に回します……。

来週の当ブログは!

  • JUMPの塩特典を改めて振り返る
  • JUMPに適した特典とは如何に!?
  • こんな特典あったらいいな

の3本です!来週もまた見て下さいね〜ジャンケンポン!!うふふふふふ〜(著作権侵害

 

HiHi B少年にデビュー時JUMPの幻影を見るお話

はい!はい!はい!はい!はい!はい!びー!びー!びー!びー!はーびはいびーどりーむ!!!!f:id:echichi56:20170907092216j:image

 

 

 

 

 

 

えー…とうとうこいつ頭狂ったかとお思いになったそこの貴方。そうです私、目出度く頭狂いました(元から)何てったって(JUMPは殿堂入りしていますご心配ならさぬよう)現在私の脳内ではHiBちゃん祭りが絶賛開催中なのである。唐突に説明させて頂きますがここで云うHiBちゃんとは、ジャニーズJr.の「HiHi Jet」と「東京B少年」の2グループのユニット『HiHi B少年』のことを云っています勝手な呼称をご了承下さい。さて私は最近現Jr.を齧り出したドが何個ついても足りないほどの現Jr.ド新規であり各々のグループについてかねがね勉強中の身だということは以前の記事に書かせて頂いた。そこに当時の私はHiBちゃんの印象をこの様にしたためていたので振り返りたい。

(【HiHi Jetと東京B少年について】6月21日付)

なんか最近一緒にやっているので一緒にしてしまった。一番若く生きが良いため青田買いにはもってこい。とにかくフレッシュさにクラクラするのでしっかり見るには自分の歳を一度忘れる覚悟が必要。また、非常にアグレッシブ、向上心もあり、度胸も座っている将来性が非常に高いグループのようである。B少年はJr.グループとしては珍しくMステにも出演したらしいが残念ながら見逃した。HiHiはローラースケートをやっているらしいので、キスマイ、ひいては光GENJIの系譜を受け継ぐことになるのか。B少年はその名の如く、この若さにしては顔面偏差値高いと思う(普通10代半ばJr.ってまだまだおブスだと思うんだよな…もちろんいい意味で。原石的な。手越さんなんて見てみなさい、今のビジュになるなんてだれが想像しましたか!うちの岡本圭人だって…!)佐藤龍我くんと、浮所くん気になります。かわいい。ただただかわいい。那須くんも正統派。しかも頭が良いと!?翔さんか君は。という感じで図々しく親戚のおばさん的視点で愛でるグループ。

 

 

……6月21日の自分にそっと教えてあげたい。あなたまんまと自分の歳を一度忘れて青田買いしてますよと。まさか自分の子どもでもギリギリ可笑しくない年齢の子たちの沼に急に浸かることになろうとは誰が予想しただろうか(いや待てよ、よくよく読むと一番最後に「図々しく親戚のオバさん的視点で愛でるグループ」とか書いてる……こいつ自分が万が一HiBを推すことになったときのために保険かけてやがる……この時から既に沼に浸かる気配あったんかい……)とまあこのように訳も分からず若いグループに陶酔し出して自分とうとう頭狂っちまった説が浮上していたのだが、冒頭に記したHiBちゃんの持ち歌であるHiBDreamを一日100万回再生していたまさに今日、ふとあることが脳内を駆け巡ったのである。

 

HiBちゃんってデビュー当時のJUMPに似てないか……??(当惑)

  

迂闊にこういう事を言うと空港のロビーで生卵投げつけられる恐れもあるので先に弁明させて頂きたいのだが、顔が似ているだとかキャラが似ているだとかそういうことではない。もしそうだとしたらもっと早く気付いていただろうし第一私はまだHiBちゃんのキャラすらもよく分かっていない最上級納得のニワカなのである(もっというとJUMPですら9人のキャラをしっかり会得できているのかも怪しい私はハイブリッドニワカの異名を持っています)じゃあ何が似ているのかニワカ如きが勿体つけてんじゃねーよということで、以下4点に記していく。

 

①年齢構成

今回JUMPとHiBちゃんの年齢の比較をするに当たり、JUMP結成日(2007.9.24)の年齢と折角なのでその10年後(2017.9.24)のHiBちゃんの年齢を書き出してみた。例の如くPCを開いて表を作ればいいものを、仕事休んでるんだからPC開きたくない病に罹ったままなのでお見苦しいのは重々承知だが手書きにて失礼させて頂きたい(敬意を表して今まで生きてきた中で一番の美文字を心掛けたが肝心の自担の名前で震えて「岡」がひん曲がってしまったのが心残りとなってしまった。日ペンの美子ちゃん習っておきたかったと今になって後悔している次第である(世代←)それと名前を書いていて思ったがHiBちゃん総じて画数多くて疲れた。画数にも時代を感じざるを得ない私は昭和生まれですはい)それではちょっとこの表を見て頂きたい。f:id:echichi56:20170904135334j:image上は17歳下は13歳……ぴったりである。森本くんも入れれば10人というのも同じ。年齢の偏りもまあまあ通ずるものがある。

 

②先輩後輩のバランス

ここで気になってくるのが入所年数。年齢と入所期間が必ずしもイコールとならないのがジャニーズ面々の関係性をややこしくさせる要因の1つなので、ここで確認してみたい。まずはJUMP。先程の表に緑で◯をした箇所、ご存知の通りやぶいのが一番先輩である(ここで意外だったのがひかにゃんがやぶいのと思ったより離れていたことである(1年ちょい)裏を返せばひかにゃんは入所してすぐ薮さんとシンメになり、表舞台のど真ん中に立たされたということだ。よって光さんもやぶいのと同じくらいの『先輩』ポジションという従来の認識でOKであろう)HiBちゃんは一目瞭然、橋本くんと瑞稀くんが断トツで先輩である。聞けば9歳の頃からJr.をやっていたということで下積み経験は相当のものである。この辺りはやぶひかいのに通ずるものがあるのではなかろうか。現に今のHi Bは橋本くん、瑞稀くんが多メンを引っ張る役割らしい(anan調べ)個人的には猪狩くんが中3にして入所5年目というのが一つポイントだなと思う。有岡さんのように下と上を繋ぐパイプ役に彼は当てはまるような気がするのだ(歳が下の方だしそんなことはないとお思いになるかもしれないのでそれを補う猪狩くんのポテンシャルの高さについては後に5000字程使って述べたいくらいなのだが文字を打つにも長過ぎて腱鞘炎になりそうなので止める。只もう言いたくて言いたくて仕方ないので誰も聞いてない中絶叫するが私現在猪狩くん推しなんです個人的感情が火柱吹いております火傷した方が居ましたら申し訳ございません)

 

③最年少の発展途上み

(注:ごめんなさい森本くんは抜かします)JUMPの最年少と云えば?という質問に100人中100人は知念さんと答えるであろう(当たり前)今でもそうだがデビュー当時の知念さんはこの世のものとは思えぬ途轍もない最年少感(下品な言葉で言わせて貰えばショタ感)があったように思う。「風を切れ」の高音ボイスはお茶の間空間をバッサリ切ってしまう程の衝撃だったし、顔面もTV画面に頬ずりしてしまいそうになる位愛らしかったし(ヨコが生放送で6回もキスしてしまう程)この子これからどう成長するんだろう……と発展途上であるが故の魅力を存分に持ち合わせていた(デビュー当時全くJUMPに興味のなかった当方ですらそう感じたのだ、流石の知念プロ)さて、そんな稀有な存在もう二度と芸能界に出てこないでしょ………とお思いでしょうが………何といたのです!!HiBに!!!そのお方がこちら(5月のMステ)f:id:echichi56:20170904144058j:imageえー(ゴホン)この方は金指!一世!くん!です!(120デシベルの大声)まず可愛いです。そして可愛いですがこの溢れ出る発展途上みをご堪能下さい(もう興奮し過ぎて文法も可笑しなことになってしまっている)金指くんは13歳、当時の知念さんと同じ歳。さらにステータスとしては知念さんと同様13歳特有の高音歌うまボイス、今年の4月にB少年に加入したてで初々しさはトップレベルっていうか現ジャニーズにおいてトップ!!!(大大大興奮)そして、もう興奮材料も尽きただろ…と思っていた矢先の先日のMステ(9月)でf:id:echichi56:20170905095636j:image

あれ?ちょっと成長してイケになってないかい…??(当惑)

前の画像と比較していただきたい。私の目が完全なる贔屓目になっている可能性も否定できないが、このたった4ヶ月の間にもうこんなに成長しちゃってるんです奥様!!今ならまだ間に合います!!今回に限りHiBちゃんの写真集もお付けします!!急いでお電話ください!!!(取り乱しました)とにかく金指くんはこのブログをしたためているまさに今も成長しているのだ。このファンを置き去りにして物凄いスピードで少年から大人への階段をすっ飛ばす様は知念さんに共通するものがあると個人的には感じている(金指くんは性格も小悪魔だと他メンに暴露されている。これは歳を重ねてもあざと可愛さを残す可能性大。この辺りも偶然か必然か、ちねたんに似ている…末恐ろしい……)また、余談の薮だが金指くん、昔の薮さんみもあると思うのです(14歳の薮さん)f:id:echichi56:20170905141213j:imageこの決して隠しきれない原石感……金指くんはちねたんとやぶっち先生を融合させた超人であると云えよう(何言ってるかちょっと分からない)あっ14歳の宏太くん登場させるなら13歳の光くん登場させなきゃね(国民の義務)f:id:echichi56:20170906113546j:image

 

④その他こまごまとしたもの

・強火担問題

 ここからはJUMPとHiBちゃんの繋がりについて細々語っていく。まず強火担問題である。HiBちゃんには強火山田担、強火伊野尾担が存在する。もしお手元に今月号のポポロがある方は50.51ページを開いて欲しい。JUMP大賞2017Jr.編と称してJr.がお題に沿ったJUMPメンバーを1人選ぶのだが、コメントから強火がダダ漏れとなっていたため注目していく。皆様お判り頂けただろうか……?

 

山田涼介さんへ

(『彼氏にしたいNo. 1』のコメント)

「どんなデートでも絶対楽しいと思うし、女のコの気持ちもわかってくれそうだし、すべてをゆだねられそう」(井上)

(『いっしょに住むならNo. 1』のコメント)

「毎日が刺激的で楽しそう」(井上)

 

伊野尾慧さんへ

(『いっしょに住むならNo. 1』のコメント)

「身の回りのことは俺がなんでもやりたい!」 (猪狩)

 

強火のクセがスゴい!!

井上氏は殆どのお題で山田氏を選ぶ力の入れよう、また熱烈な気持ちが通じたのかコメントが2つ載るという快挙も成し遂げた。コメントの内容もほぼ100%彼女の立場で語っているのが潔い。猪狩氏はもはや伊野尾氏の奴隷になる気満々である。この些細なコメントからも2人の強火感が伺えたことが喜ばしい。今のところは特に絡みはないようだが、今後何かしらの絡みがあることを祈祷師に頼んでリアルガチに祈っておきたい。

 

・衣装問題

ジャニーズ内で衣装のお下がりが恒例であることは周知の通りだが、JUMPの歴代の衣装がHiBによく下がっているらしい。代表的なのはこちらの衣装f:id:echichi56:20170906122957j:image(JUMP2011勇気コン。2010年のSUMMERYでも何人か着ていたとの情報有り)

HiBちゃんもこの衣装で5月にMステ初出演f:id:echichi56:20170906124836j:imagef:id:echichi56:20170906124839j:image(猪狩くん怪我でお休みで圭人さんの色だけが着られていない)(だとしたら圭人さん→猪狩さんへのお下がりが成立しワイ得)

思うに両グループとも多人数なので色々助かるのだろう。最近では車コンのVery Very Happyの天使の羽衣装もお下がったらしいので、今後ともどんどん衣装からJUMPの血と汗を受け継いで欲しい。

 

・カバー曲問題

この夏HiBちゃんはサマステ公演に勤しんだ。そこで『SUPERMAN』『Boys Don't Stop』をメドレーで披露したらしい。これも個人的見解だがJUMPにはHiBに似合う可愛らしい曲がいくらでもあるのにわざわざこの二曲を選んだところに幼いJUMPがユアシをパフォーマンスしたのと似た様なものを感じる。思春期特有の背伸び感である。これは雑感だがまだ年相応じゃないのを重々承知で壁を乗り越えよう限界超えようと歌に載せる辺りも向上心が見え隠れする流石HiBちゃんいやもうHiBさんと呼んだ方が相応しいかもしれない(すぱまんもぼいどんも自分の大好物曲なのでモンペが只今Flyhigh中)

 

 

 

 

と、色々思うところを無駄につらつら列記することで、見えてくることもあった。こんな自分の子どもでもギリギリ可笑しくない年齢の子たちの沼に急に浸かって、とうとう自分頭狂ったんだな(4000字ぶり2回目)……で済ましていたのだが、何の脈絡も無くいきなりHiBちゃんを好きになったのではないのかもしれない、ということである。

私はHiBちゃんにデビュー当時のJUMPの幻影を見ているのではないか、と。

ご存知の通り私はJUMPド新規かまして早2年。以前もどこかの記事で述べたかもしれないが、私のヲタ活のスタンスとしては基本自分がファンになった以前のJUMPは買わない、見ない、追わないの非懐古三原則。好きなのが好きになった時からのJUMPだし、過去に戻ると何でこの時にJUMPを知らなかったんだろうと捻くれ始める……という理由だ。だからデビュー当時のJUMPについてはこの間鑑賞したMVくらいでしか判らないし、判らなくて良いと思っていた。脳では。でも、きっと心では違ったんだろうと思う。現在のJUMPが好きというメーターが毎日振り切れっぱなしで未来も絶対好きと云える確信も有るからこそ、デビュー時のJUMPもまるっと追いたかった!!!圭人くんのウニ生で観たかった!!!って心の片隅でずっと叫びたがっていたのかもしれない。デビュー時からやや暫くJUMPをスルーし続けた愚かさ悔しさで過去の自分をぶん殴りたい憤りの無い気持ちを、HiBちゃんという何と無くデビュー当時のJUMPとシンパシーを感じるグループと出会ったことで何とか消化しようとしている、と考えるとHiBちゃんにいきなり惹かれたのにもしっくりくる。勿論JUMPとは全く別物だって判ってはいるけれども、とっくのとうに失くした青春をJUMPの面影をもったHiBちゃんが少しでも取り戻してくれるのなら、それこそ本望なオバさんなのであった。

 

 

 

 

………………なんか尤もらしく述べたが、もうそういうことにしておかないと、そろそろ青少年保護育成条例違反で逮捕されそうなので!!!そういうことにしておいてくださいそっとしておいてください!!!!!(でもHiHi B少年、やっぱりこそっとオススメしておきます)(やかましい)

いたジャンウォータースライダー回の岡本圭人さんに関するお話

首を自己最高記録まで長くして待ってましたウォータースライダー回……あのレジェンド圭人さん1人ロケすべり台回の外伝とも云えるこの回。しかも今回は「一緒に考えよう」でお馴染みの髙木さんをパートナーに、2人息のあった上質なエンターテイメントを見せてくれました。何と言っても姉・雄子ちゃんと弟・けいとちゃん(5)のハートフルウォーミングな支え合い。「頑張れ!」と弟に温かい眼差しを向けて応援する姉、「大丈夫」と不貞腐れた姉を優しく励ます弟。弟を守る為にガンガン前に出る姉を心配そうに見つめる引っ込み思案な弟……(一部脚色しています)ともかく面白さの中にも髙木さんと2人だったからこその自然体な圭人さんを観ることができました。眼福眼福………

…………………………………… 

……………………………………

 

 

いい子ぶるのはこの辺までにしておきましょう。

 

 

 

いきなり良いですか?話をいきなりハイジャンプさせても良いですか??圭人ママにとっては今回のいたジャンにおいても一番の醍醐味はやはり圭人さんな訳で、本当言うと圭人さんの可愛さとバブみさと大人エロスと(cv.篠原涼子)の波に交互に飲まれ無事心肺停止してました。ああ、ウォータースライダーって最終的に圭人さんにドボンするっていうダブルミーニングだったのね(違う)とにかくこのウォータースライダー回は前回の1人ロケ同様類稀なる多彩な表情の持ち主として頭角を現し始めている圭人さんのミリョクを余すところなく伝えるPVでもあったのである。当記事ではそのギャップの元となる「可愛さ」「バブみ」「大人エロス」をキャプから検証し、最新の圭人さんを拝み倒したく勝手に岡本圭人アワードを開催することとした。尚、ここから先ロケの内容に一切触れないどころか髙木さんの活躍をも割愛するというサイコパスばりの暴挙をかますことをご了承願いたい。近頃至る所で圭人推しコメントを発するなど公式に強火圭人担となりつつある髙木さんには是非とも触れておきたいところだがそれを今回やってしまうとこの記事は間違いなく10000字を超えてMyojoのインタビューの二番煎じとなってしまうので自粛します(そういえば髙木さんの10000字インタビュー凄いグッときたんだったわ……オバさん読みた過ぎて購入する前の本屋でまず髙木さんとこだけ立ち読みする奇行かましたんだが漏れなく体内の水分80%くらい失われたわ……冒頭に記したように髙木さん→けいとちゃん(5)の姉説を含め今後圭人さんと髙木さんの親和性については記事に纏めます一緒に考えます(誰と))

 

 それでは参りましょう。

\2017年8月開催全日本岡本圭人アワード/

 

【可愛い部門ノミネート】(全4作品)

f:id:echichi56:20170825195233p:image【選評:早朝4時に企画に対してこれだけ可愛いリアクションができる日本人は果たして居るだろうか、いや居ない(反語)縮こまる圭人りんを後ろからそっと包み込んであげたい一枚】 

 

f:id:echichi56:20170825142440p:image【選評:雄也さんのオネェみを表現しているそこの貴方が一番女子みあるんですよと全世界にツッコまれる一枚。超絶綺麗なお姉さんが「うちのワンちゃん可愛いでしょ」と仰るのと同じ原理である】

 

f:id:echichi56:20170825111305p:image【選評:これからもの凄い角度のウォータースライダーを滑ると言うのにも関わらずこれだけお目目を真ん丸くさせて可愛さを保てるのはどうしてなのか、甚だ疑問の一枚。ここには映っていないが浮き輪を前にギュッと抱えているのも好ポイント】

 

f:id:echichi56:20170825111542p:image【選評:びっくりするときにお手手をお口に当てる24歳って生息数どの位なのでしょうか……恐らく絶滅危惧種だと思われますので早々に捕獲することをお勧めする一枚】

 

 

 

【バブみ部門ノミネート】(全4作品)

f:id:echichi56:20170825111431p:image【選評:伊野尾氏に情緒不安定と指摘される程であったが、語彙が「アー」しか無かったとも。呻き声からバブみを感じとれるかは観る方の感性に任される高度な一枚】

 

f:id:echichi56:20170825111440p:image【選評:お手手を挙げて足早に横断歩道を渡る24歳4ヶ月にバブみ感を禁じ得ない一枚。恐らく狙ってやっているところもまたあざとバブい】

 

f:id:echichi56:20170825111445p:image【選評:はじめてのプールでママと一緒に訳も分からず潜ってみたけど思いの外苦しくて痛くてだったときの5歳児のそれを映した一枚】

 

f:id:echichi56:20170825111510p:image 【選評:ガツガツ行く姉を心配そうに見つめていると思いきや「おなかすいたー」「ねむいー」「つぎとおいなー」と頭の中がポヤポヤした瞬間を切り取ることに成功した一枚】

 

 

 

 

※ここからR-18でお願いします!!!!!(騒音レベルの大声)

あのー……この後よりド変態振りかざさせて頂きます通報される覚悟はできています申し訳ございません(蚊の泣く声程の小声)

 

 

【大人エロス部門ノミネート】(全4作品)

f:id:echichi56:20170825195923p:image【選評:早朝4時とは思えない美しい顔面からは想像もつかない上腕二頭筋他筋肉の主張により世の中の全女子が朝から下にされたいとひたすら願う一枚】

 

f:id:echichi56:20170825111731p:image【選評:アイマスクから覗く不敵な笑みが想像を掻き立てる玄人好みの一枚(玄人とは)全てを委ねた恍惚の表情の髙木さんも同時にノミネート】

 

f:id:echichi56:20170825111829p:image【選評:全身びしょ濡れ、苦しそうな吐息、絶妙な舌使いと、エロの権化と化した圭人さんが十二分に堪能できる一枚。首から下がボヤけているので一糸乱れぬ姿を妄想するもしないも貴方次第】

 

f:id:echichi56:20170825111851p:image【選評:多くを語らずともこの画を見れば伝わるであろう、無期懲役になってでも舐め回したい衝動に駆られる一枚。お臍の下の艶めかしさは軽率に「抱いt(略)」と口にしてしまう程人を狂わせる威力を持つ】

 

 

 

 

ノミネートは以上(お前の脳みそは異常)です!!

 

  

 

それでは全日本岡本圭人アワード大賞作品の発表です!!!

 

(ドラムロール)

 

 

f:id:echichi56:20170825212936p:image

f:id:echichi56:20170825212944p:image

f:id:echichi56:20170825212819p:imagef:id:echichi56:20170825212824p:image(ノーカットでお送りしています)

大賞は、全圭人担が卒倒したこちらの作品に決定しました!!!!!おめでとうございます(圭人担が)!!!!!

 

………欲を言えば全身タイツが良かったですけどね私の圭人りんの圭人りんを返して←

f:id:echichi56:20170825213953p:image

 

 

こんなに穿った見方をして圭人さん始め番組に関わった全ての皆様大変申し訳ございませんでした。内容も凄く面白かったです本当です……(何を言っても胡散臭い)もう、こんな本意に反する見方は辞めますので1つだけいいですか……?散々言われていると思いますが心を込めて言います何度でも言います。

いたジャン全国ネットにしてくだせぇ………

このシーンとかスマホだと圭人さんがチリくらい小さくてオバさん見えないんですよ……………(注:圭人さんは真ん中の白いの)

f:id:echichi56:20170825214712p:image

 

次のすべり台回も楽しみにしています!!!(全身タイツを)