いい歳した大人のジャニヲタ生活

アラサー超えジャニヲタがひたすらJUMP他ジャニーズを愛でるブログ 岡本圭人さん担

ジャニヲタ人生の生死をさまよった4日間の話

6月20日(水曜日)

岡本圭人、脱退』の文字列に思考回路はショート寸前ではなく派手にショート。本人の口から出た言葉しか信じないと大人ぶるものの、内心大パニック。情報源が週刊誌にしては信憑性が割とあるモノだったということに不安を煽られる。更に就寝間際に見かけたMUSICDAYの会見写真は圭人くんが珍しくドセンターで尚且つ随分と顔が固かった為に嫌な予感が止まらなかった。

 

 

6月21日(木曜日)

めざましで怖いくらいいつも通りの伊野尾さんを摂取。いつも通りが過ぎるので、たった一つだけ願いが叶うのならば昨日の記事が夢であってくれとひたすら願った。仕事が終わっても尚情緒がおかしいので大好きなsmartのDVDを処方。一曲目Ready Goで圭人くんが居ないJUMPを想像したけどそんなこと想像出来なくて早々と泣く。泣きながらJUMPaperの更新ボタンを連打するも更新なく、あの記事は本当なんだ……と思い込むようになる。

 

 

6月22日(金曜日)

伊野尾さんのお誕生日。祝福ムードと新曲発表、更に7曲のMVが付いてくるということもあり少しだけ生気を取り戻す。伊野尾さん、裕翔さんのJUMPaperもいつも通り更新される。が、怖いくらい脱退報道に関する続報が出てこないことにまたしても強い違和感を感じざるを得なくなる。

 

 

6月23日(土曜日)

いくら何をどう考えても公式の発表が無い限りどうしようも出来ない。でもこれだけ否定のアナウンスが無いのは脱退は本当なのかもしれないという負の思いが連鎖しまくっていた矢先にFC会員向けにメールが届く。

 

「やっぱり」

 

そうであって欲しくない。でもきっとそうなんだ。きっと脱退するんだ。諦めにも近い感情がドバッと決壊した。

 

インスタライブに載った頃。その頃から少しずつ心の何処かにあった黒い影。大学中退の告白。度重なる週刊誌報道。山田さんの厳しい言葉。正直、圭人くんアイドルとして路頭に迷ってるって思った。メンバーより少ない仕事量、メンバーとではなく違うジャンルのお友達とつるむようになったこと、元々の自由人気質も相まって、圭人くんもうジャニーズに縛られたくないのかな、いつの日かフラっとジャニーズ辞めちゃうんじゃないかななんてまるで他人事のように思ってた。

それでも10周年で曲を書いたこと。まだまだ追い続けたい夢を語ってくれた10000字。コンサート、アンコールの最後、どんなに疲れていても会場の端から端まで走ってファンに挨拶してくれたこと。脱退ドッキリで見せた涙。頂いた一つ一つの仕事で爪痕を残そうとする姿。アイドルとして、Hey!Say!JUMPのメンバーとして輝こうとする圭人くんがいたからここまで信じた。信じるしかなかった。余計な情報に振り回されず、アイドルとしての圭人くんだけを目に焼き付けようとだけ誓った。

 

のに

 

アイドルがアイドルでいることを辞めてしまったら、ファンは本当に為す術が無い。ひとつも。

 

 

脱退だけは本当にしないで。お願い。すがるような思いで、PM10:00を迎えた。圭人くんはJUMPを、アイドルを辞めるという決断をしてはいなかった。

 

 

 

 

いつ帰ってくるか分からない。頓挫して帰る場所なんてないかもしれない。JUMPを取り巻く環境もか変わっているかもしれない。圭人くん無しでの8人のJUMPが完成しているかもしれない。ファンだって待てるかだってわからない。
でも私はそんなことはどうだって良かった。脱退報道を経た今、この瞬間にアイドルで居てくれることだけで奇跡なんだって気付いたから。だから、私はこの発表は率直に、本当に良かったと思えた。圭人くんが旅立つ9月までは確実にJUMPで、確実にアイドルの圭人くんを見ることが、感じることが出来るんだ。留学してしまってからの自分の身の振り方は、これからじっくり考えれば良い。とにかく自担がアイドルで居てくれる、それ以上の幸せなんてないってことを、ヲタク人生の生死をさまよった4日間で重々学んだのである………

 

 

 

 

 

(ここからエベレスト級の蛇足です)

 

 

 

 

 

 

 

あれ?最後にして最大の違和感……

 

 

 

 

 

 

私、こんなスッと納得する人間だったっけ??物事をいつも捻くれて考える人間ではなかったか??

そもそも脱退報道なんて無くて、この留学決定だけを聞かされたていたら、果たして私は納得してたのか??メンバーの苦しそうな表情を見ても尚、納得出来たのか??

脱退報道を先に噛ませることで、少しでも「最悪の事態を逃れた」「脱退じゃ無くて良かった」とファンを思い込ませ納得させようとした??これ、脱退報道と今回の発表セットで仕組まれてた??私、文春と事務所の陰謀にまんまと嵌められたのか……??

 

 

 

 

 

 

 

最後にドス黒い業界の闇を勝手に感じて圭人くんが本当に戻ってくるのかもあやしみ始めた不届き者は私です。今回の表向きの理由は留学だけど、超超超超穿った見方をすると、本当は裏に事務所側の都合で何か圭人くんを一旦グループから離さなければならない理由がもしかしたら潜んでいるのかもしれないとさえ思い始めてしまった。報告の動画で苦渋の表情を浮かべたメンバーも居たことも少し引っかかった。プロ意識の高いメンバーが、わざわざ公式の場でファンを不安にさせる表情をするかな…納得行ってないのは圭人くんに対してもあるかもしれないけれど、何か違うところにもあるんじゃ…などと邪推するけれど、本心なんてものは本人達にしか分からないのだから考えたって仕方がないのはインスタライブの一件でもう学んでいる。こういう時も、どんな時も、非力だけどファンはアイドルとしての自担やメンバーに声援を送ることしか出来ないのだ。そして声援を送ることが出来るのは、JUMPで、アイドルで居続けるという決断をしてくれたからでしかない。私は、やっぱりどんな事情があっても、どんな思いがあっても、今回発表されたことを受け止めたい。受け止めるしか無い。メンバーに計り知れない迷惑をかける事。ファンに計り知れない寂しさを感じさせてしまう事。世間に今まで以上に好奇の目で晒される事。思い描く留学、活動再開になるかどうかは分からない事。誰よりも周りに対して深い優しさと愛をもっている圭人くんが留学することで生まれる余りにも沢山のデメリットを考えない筈は無い。それを誰よりもメンバーやファンは知ってる。その上で色んな状況も含めて発表したことなんだから、受け止めるしか無いんだよ。先ずは8月末まで精一杯応援するし、無事ひと回りもふた回りも大きくなって帰ってこれたなら、その時は今以上に精一杯応援する。優しさの裏に潜む、負けず嫌いで、頑固で、芯の強い本来の性格が留学先で遺憾無く発揮されることを祈ってる。身勝手なファンだから、多分8人のJUMPは苦しくて見ることすら出来ないけど、そのくらいの我儘は許して欲しい。もしも万が一活動再開が難しくなった時には、担降りする決意も出来てる。生半可な覚悟では乗り越えられない壁に圭人くんは立ち向かうのだから、こちら側も生半可な覚悟で圭人担は名乗れないよ。私のジャニヲタ人生を変えてくれたアイドル、岡本圭人くん。どうか、アイドルを生きる彼をこれからもこの先も応援していけますように。どうか、どうか、09.24まった涙で花が咲きますように。